インタビュー

渡邉浩一郎、80年代を走り抜けたアンダーグラウンドの王子――小山景子が語るピュアな音楽家の姿

渡邉浩一郎『マルコはかなしい―渡邉浩一郎のアンチ・クライマックス音群』

(左から)渡邉浩一郎、小山景子
83年頃

90年、31歳で亡くなった音楽家・渡邉浩一郎。彼が遺した膨大な音源を有志が整理したCD『まとめてアバヨを云わせてもらうぜ』(91年発売、2013年新装再発)に続く作品『マルコはかなしい―渡邉浩一郎のアンチ・クライマックス音群』が2021年12月15日(水)にリリースされる。これを機に、2つの記事をお届けする。今回は、先に公開されたGESO氏(第五列)のインタビューに続き、京都から故郷・東京に戻った渡邉浩一郎と交流のあった小山景子氏に、81年以降の話を訊いた。本取材に際し、鈴木健雄氏とGESO氏に多くの情報提供を頂きました。深謝します。

渡邉浩一郎 『マルコはかなしい―渡邉浩一郎のアンチ・クライマックス音群』 SUPER FUJI(2021)

 

83年9月17日、東京・日比谷野外音楽堂〈天国注射の昼 Vol. 5〉で

Vedda Music Workshop、天国注射の昼……80年代前半、東京のニューウェイブ

――渡邉浩一郎さんに会ったのは、いつ頃だったのでしょう。

「私が浩一郎に会ったのは、81年の夏以降だったと思います。具体的にどこなのかは、覚えていません。当時我々は、ひとりひとりと出会うという感じではなくて、常にゆるい集合体として蠢いており、どこか音を出せる場所に行くと、その時々で知り合いがいる、という状態でした。

浩一郎は、81年までは京都でウルトラ・ビデなどで活動していて、この年に東京の実家に戻ったので、それで、東京のシーンで見かけるようになりました」

『マルコはかなしい―渡邉浩一郎のアンチ・クライマックス音群』トレーラー

――小山さん自身はどのような音楽活動を始めていたのでしょうか。

「80年頃から、(現『MARQUEE』の母体である)プログレ雑誌『MARQUEE MOON』の編集や翻訳をやったり、竹田賢一さん率いるVedda Music Workshopに参加したりしていました。大学内、学外で主に同年代の学生の友人と、音楽に関連する活動を始めていました。

81年の冬くらいから、代沢にあった私の広めのアパートが皆のたまり場のようになっていて、浩一郎も他の友達と頻繁に来るようになりました。具体的には、Vedda Music Workshopで参加者として会ったのかもしれません。

浩一郎が私に注目したのは、私のデモテープが彼の目に留まったからだと思います。それを誰よりも褒めてくれたのが、浩一郎でした。手紙をくれました」

※編集部注 ヴェッダ・ミュージック・ワークショップ。ジャズやロック、現代音楽の評論、大正琴の即興演奏、反ポップバンド〈A‐Musik〉の主宰などで知られる竹田賢一による集団即興演奏のワークショップ。79~83年頃に活動。小山景子と渡邊浩一郎のほか、灰野敬二、向井千惠、大里俊晴、霜田誠二、高橋鮎生、鈴木健雄、第五列のメンバーらその都度異なる演奏者が参加した。詳しくは小山のブログを参照

――81年、特にニューウェイブが目まぐるしく刺激的なときでした。

「〈天国注射の昼※1〉の1回目(8月15日)があった年でもあり、シーンもかなり成熟してきていました。京都ではウルトラ・ビデの堀田(吉範)さんと親しかった浩一郎は、東京のシーンで、工藤冬里さんや、第五列、非常階段などと出会い、交友が広がったと思います。このときの〈天注〉の〈まだ※2〉での浩一郎のバイオリンは、秀逸だったと言われています」

※1 編集部注:高杉弾や山崎春美らによる雑誌「HEAVEN」の創刊記念イベントとして80年6月に開催されたイベント〈天国注射の夜〉が発展、シリーズ化したコンサート。81年までに5回開催され、タコ、大里俊晴、工藤冬里、じゃがたら、町田町蔵(康)、ヒカシュー、THE FOOLS、GAUZE、突然段ボール、コクシネル、A-Musik、グンジョーガクレヨンらが出演。その後、2000年代にも3回開催された
※2 編集部注:〈まだ〉〈ひまご〉など、渡邉浩一郎のユニットについては、GESOのインタビューの編集部注を参照

Vedda Music Workshopの〈天国注射の昼 Vol. 5〉でのパフォーマンス