モデル/写真家の顔も持つハンナ・コーエン、ビョーク似の歌声&北欧エレクトロニカ・ポップの匂いも感じさせる新作

2015.05.13

モデルやフォトグラファーとしても活躍するハンナ・コーエンの2作目は、引き続きナショナルデヴィッド・バーンを手掛けたトーマス・バートレットのプロデュース。オーガニックなフォーク・サウンドを聴かせた前作に対し、今回はシンセを多用していて、どこか北欧のエレクトロニカ・ポップみたいな匂いも感じさせます。とりわけ神秘的で自由奔放なヴォーカルは、ビョークを意識したのかな?と思えたりして。

関連アーティスト