クリスチャン・ヤルヴィ(Kristjan Järvi)指揮『スティーヴ・ライヒ:デュエット』ミニマルの巨匠生誕80周年を記念した、ライヒも絶賛した名演

2016.12.09

ミニマル・ミュージックの巨匠生誕80周年を記念して録音されたアニヴァーサリー・アルバム。今や父や兄と並び立つ世界的指揮者:クリスチャン・ヤルヴィが挑むのはこの記念すべきスティーヴ・ライヒの作品。世界初録音となる2曲の“ヴァリエーション”、作曲者御手ずから演奏した“クラッピング・ミュージック”、そしてクリスチャンが都響と演奏し話題となった“デュエット”“フォー・セクションズ”の5曲が、2枚の盤で収録されるという豪華な選曲。ライヒからも絶賛されたというこの録音は間違いなくミニマル・ミュージックの歴史に刻まれるべき名演・名盤となることだろう。