連載

【LOVE 4EVER】第5回 デズ・ディッカーソンが語るプリンスと『1999』

通常はポスト・ペイズリー期のプリンスを紹介しておりますが……

©ALLEN BEAULIEU

LOVE 4EVER AND IT LIVES IN...
[ 不定期連載 ]プリンスの19XX年

 2年前の『Purple Rain Deluxe』に続いて、またしても垂涎モノの蔵出しを含むリイシュー作品が届いた。今度はプリンスが一段階上の存在に登り詰めた『Purple Rain』(84年)のひとつ前のアルバムにあたる通算5作目、世界に向けて大きく羽ばたいた『1999』(82年)のデラックス・エディションだ。

PRINCE 1999: Deluxe Edition Warner Bros./ワーナー(2019)

 最初に体裁をざっくり書き記しておくと——マキシマム仕様となる『1999: Super Deluxe Edition』は実にCD5枚組の65曲というとんでもなさである。Disc-1には本編が最新リマスターで収録され、Disc-2には別エディットやB面曲を18トラック。Disc-3~4には81年11月から83年1月の間に録音された23曲の未発表スタジオ音源(+ベスト盤『4Ever』で初出となった“Moonbeam Levels”)。Disc-5には82年11月30日にデトロイトで行われたセカンド・ショウのライヴ録音をフル収録、さらにDVDとなるDisc-6には82年12月29日に行われたヒューストン公演の模様が収録。もちろんいずれのライヴも公式には未発表だったものだ。

 『1999』といえば、ジャケが印象的な紫色で、そこに鏡文字でバンド名の〈The Revolution〉が初めて表記されたことでも知られている。紫ということでは、デビュー前のデモ曲“Leaving For New York”でも〈Purple〉〈Rain〉〈Dawn〉といった好みの単語を用いていたプリンスだが、もしその〈Purple〉と〈Dawn〉がより密接に結び付いていたとしたら、夜明け=転換点となる世紀末を表題曲のモチーフにした『1999』のアートワークに紫が採用されたのは興味深い。実際に『1999』はバンド・メンバーのインプットをこれまでになく含むという意味で、プリンス録音史上の転換点を刻む作品である。……ということで、今回はデズ・ディッカーソンへの貴重なインタヴューが実現した。このたびの『1999: Super Deluxe Edition』を「当時の思い出に浸りながら楽しく聴いたよ(笑)」と語る彼は、プリンス・バンドの初代ギタリストであり、78年の結成から83年の〈1999 Tour〉終了まで殿下と行動を共にし、〈夜明け〉にも立ち会った重要人物だ(このページの写真のいちばん右で〈神風〉なるハチマキを締めているのが彼である)。

 

すごく才能のある人

 そもそもライヴの必要に迫られたことから生まれたプリンスのバンドは、78年4月のデビュー作『For You』のリリース後、夏から秋にかけてメンバー募集が行われた。当初からプリンスはスライ&ザ・ファミリー・ストーンのような人種も男女も混合の集団にしたい構想があったことを明かしており、結果的には幼馴染みのアンドレ・シモーン(ベース)、デモ制作時から知り合っていたボビー・Z(ドラマー:『For You』のエンジニアを務めたデヴィッド・Zの弟)、プリンスの従兄弟の友人だったというゲイル・チャップマン(キーボード)、プリンスのマネージャーの薦めで応募したマット・フィンク(キーボード)が選ばれている。そこに募集広告を見て加わったのがデズ・ディッカーソン(ギター)だった。友人知人の縁からオーディションに合格した面々が揃ったなか(ちなみにジミー“ジャム”ハリスは落選している)、デズだけが普通に広告を経由して採用されたわけだ。彼はこのように振り返る。

 「当時のプリンスのマネージャーが地元の娯楽紙に〈ワーナー・ブラザーズのアーティストがメンバーを募集している〉という広告を出したんだ。その頃ミネアポリスのアーティストでワーナーと契約しているのは一人だけだったから、誰のことかはすぐにわかった。僕は他のバンドでプレイしていたんだけど、オーディションに応募したんだ。15分ほどジャム・セッションをして、彼といろいろ話をして……その後OKの返事をもらったのさ」。

 初対面したプリンスの印象についてデズはこう説明する。

 「すごく才能のある人だと思ったよ。さっきも言ったけど、彼はミネアポリスでは唯一ワーナーと契約しているアーティストで、マルチ・インストゥルメンタリストのソングライターということでけっこう有名だったんだ。地元では〈ヤング・スティーヴィー・ワンダー〉と呼ばれていたよ。会った印象は、静かな男だと思った。若いけれど、思慮深くて、すごく大人っぽい感じだった。僕への質問も的を得ていたしね」。

 55年生まれのデズはプリンスの3つ上。すでにいくつかのロック・バンドで演奏した経験があり、当時はロメオというバンドを率いて活動していた。

 「僕はそれまでずっとリーダーとして自分のバンドでプレイしていたから、そのバンドを辞めて一緒に活動していく気があるのか、ツアーにも同行してもらうけれどそういう覚悟はあるのか、というようなことを質問された。それは僕がキャリアを新しくスタートさせようとしているかということだ。そしてそれが実現したのさ」。

 プリンスのプロとしての初ライヴにしてバンドの初舞台は79年1月5日、ミネアポリスのカプリ・シアターにおいて300人の観客を前に行われた。その出来が芳しくなかったからかライヴはしばらく行われず、プリンスは6月に一人で手早く『Prince』を録音し、そこから生まれた“I Wanna Be Your Lover”のヒットが以降のキャリアを上向きにするきっかけとなった。

 なお、録音やライヴの機会も与えられないメンバーたちの不満を和らげるためか、7月にプリンスはコロラド州ボルダーのスタジオで2週間かけてバンドとのレコーディング・セッションを行っている。レベルズと呼ばれたこのプロジェクトはデズやアンドレの書いた曲も含み、彼らが曲ごとにリード・ヴォーカルを取る形を想定されていた。後にマット・フィンクは、プリンスがソロとは別バンドを作る意図で録音に臨んでいたことを明かしている。当時のプリンス名義作よりもロック寄りでデズの影響が強かったと思われるこのプロジェクトは結果的にワーナーの反対で自然消滅したものの、覆面バンド/別ユニットというアイデアはこの後のザ・タイムなどに受け継がれていったものと言えるだろう。

 

彼はいつも敬意を払ってくれた

 ともかく、79年の秋に初のツアーを行って以降のバンドは、定期的なリリースに合わせて頻繁にライヴやツアーを行っていくようになる。その間にゲイルがリサ・コールマンに、アンドレがブラウンマークに交替するも、デズは着実にプリンスの信頼を得ていった。

 「バンドのメンバーになった後は、毎週のように電話がかかってきて、オリジナル・ベーシストのアンドレ・シモーンと一緒に彼の所に行って、まだ完成していない曲などを演奏するようになったんだ。彼とは共通点が多くて、特にユーモアのセンスが似ていたから、すぐに親しくなったよ。だからしょっちゅうジョークを言い合って笑っていたんだ」。

 81年にはモーリス・デイがフロントマンを務める〈覆面プロジェクト〉としてザ・タイムが結成され、クレジットはないもののデズは“After Hi School”を提供し、ヒット・シングル“Cool”の作詞も担当。82年にはヴァニティ6の“He's So Dull”をクレジットありで提供してギター/ドラムスも演奏、タイムの2作目ではオープニングの“Wild And Loose”をプリンスと共作してもいる。まだまだワンマン度の高かった時期からプリンスがデズの手腕を買っていたのは確かだろう。

 そうしたステップを経て、デズがプリンスの音源に関わった最初の作品こそ今回の『1999』になるわけだ。スライの“I Want To Take You Higher”ばりにリードを回していく表題曲“1999”ではデズもリード歌唱を一部担当し、“Little Red Corvette”では味のあるバック・ヴォーカルを担当すると共に圧巻のギター・ソロを演奏。本人ももっとも気に入っているプリンスとの仕事として「いろいろあるけど、やはりいちばんは“Little Red Corvette”だね。あのギター・ソロが気に入っているんだ」と語る通り、クライマックスを独特の哀感で染めるフレージングは楽曲のムードを強く印象づけるものだった。

 アルバム『1999』では他にもリサが半数以上の曲に声を挿入し、ジル・ジョーンズやブラウンマークらの声出しもあるが、ここまで目立っているのはデズだけである。プリンスは彼のどんなところを買っていたのだろうか。

 「うーん、どうだろう……。本当にありがたかったのは彼が僕をリスペクトしてくれていたことだ。人間的にも、僕の意見に対してもいつも敬意を払ってくれていた。よく彼から〈話がしたい〉と電話をもらって、彼の家に行ったんだ。そんな時の彼は自分の決断について僕に意見を求めたりしながら、ずっと話をした。音楽的にはミュージシャンとしても、ギタリストとしても僕を認めてくれていた。ギター・ソロに関しては僕が好きなように弾けばいいと言ってくれたし、ライヴでの彼はギターを置いてシンガーやフロントマンに徹して、ギターは僕に任せてくれた。そういうふうに扱ってくれて嬉しかったし、自信もついたよ」。

 82年に始まった〈1999 Tour〉はデズのキャリアにおいても大きなハイライトとなった。先述したように今回の〈Super Deluxe Edition〉では初公開のライヴ音源と映像によって2種類のショウを丸ごと追体験できるわけで、これはスタジオ音源ではわからないデズら各人のプレイを確認する意味でも必聴/必見だろう。ただ、そのツアー終了をもってデズはバンド脱退を選ぶ。当時の彼は〈自分のバンドへの貢献ぶりを考えると居心地が悪くなった〉と発言していたようだが、実際は新生クリスチャンとして信仰を新たにした結果、プリンスの性的な表現などに悩んだ結果のようだ。新ギタリストとして加入したのがリサの友人ウェンディ・メルヴォワン(『1999』にも参加し、ツアーにも同行していた)で、プリンスとバンドは文字通りのレヴォリューションへと向かっていくわけだ。

 一方でデズとプリンスの友好的な関係は以降も続き、デズ率いる新バンドのモダネアーは映画「パープル・レイン」に出演し、プリンスと共作した“Modernaire”を披露している。ビリー・アイドルのツアー・サポートも行ったモダネアーはそのままワーナーと契約する話もあったそうだが、〈プリンスっぽさ〉を求められる状況を厭ってか実現には至らず、以降のデズは地元ミネソタでのセッション演奏やプロデュース業など裏方仕事に専念していくことに。そのうち全面制作を手掛けたマイケル・ピースのラップ作品『Vigilante Of Hope』(89年)はペイズリー・パークで録音されていたりもする。90年代になるとデズはCCMレーベル傘下に設立した自身のレーベルで多くのクリスチャン・ロック作品を制作し、以降はマイペースにソロ作も発表している。

 そんなデズに、〈ミュージシャン/アーティストとしてプリンスから得た最大のもの〉を最後に訊いてみた。

 「彼から得た最大のものは、〈ハードルはいつも高くしておくべきだ、それによって自分が向上することができる〉という考えだね。約10年プリンスと一緒に過ごしてバンドのメンバーに対する姿勢を見てきたけれど、彼はみんなを鼓舞して、努力させ、がんばらせることでより良いミュージシャンに育てていたよ。目標を常に高く設定し、それに向かってがんばるということを彼から学んだ。僕も自分のことをかなりの完璧主義者だと思っていたけれど、彼は僕以上だったよ。〈これでいい〉ということはないんだから」。

 そんな完璧主義が珠玉の作品を生み出し、同時に周囲との軋轢を招いてきたのは想像に難くない。ただ、その大いなる成果は『1999』からも明らかだ。

 

タグ
関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop