[ 不定期連載 ] プリンスの20XX年
LOVE 4EVER AND IT LIVES IN...

6年ぶりのアルバムが届いてしまいましたので今回も一筆書きの特別編!

プリンスが歌うアメリカ

 およそ6年ぶりとなるプリンスのオリジナル・アルバム『Welcome 2 America』。2010年に録音されたというこの作品が2021年に届けられるということは、そこにあるメッセージが現在も有効だということに他ならない。多くの人が閉塞感に苛まれているであろう2021年、まさか〈アメリカへようこそ〉という言葉を呑気に受け取る人はいないだろう。そこにある〈アメリカ〉はチャイルディッシュ・ガンビーノが“This Is America”(2018年)で明らかにした〈アメリカ〉でもあるし、かつてカーティス・メイフィールドが『There's No Place Like America Today』でシニカルに掲げた〈アメリカ〉のことでもある。もしくはプリンス&ザ・レヴォリューションが“America”(85年)で歌った〈アメリカ〉のことでもあるに違いない。アルバムからの先行シングル“Welcome 2 America”で語られるのは、寡占企業による支配、フェイクニュースの横行、性差別や人種差別といった社会問題に対するプリンスなりの危機感の表明だ。とりわけ2020年代の状況にもそのまま響くのは人種差別に対する言葉だろう。彼がいわゆるフレディ・グレイ事件にすぐさま反応してプロテスト・ソング“Baltimore”をリリースしたのは2015年のことだが、それ以前からイラク戦争の頃にアラブ系の人々への差別が広がったことに対して“Cinnamon Girl”(04年)を書いたり、プリンスは折に触れて問題意識を露にしてきたわけで、今回の『Welcome 2 America』もその流れに位置する部分が大きいということだ。

PRINCE 『Welcome 2 America』 NPG/Legacy/ソニー(2021)

 〈Black Lives Matter〉にまつわるプリンスの言及といえば、その2015年のグラミー授賞式で最優秀アルバム部門のプレゼンターとして登場した際のスピーチが有名だろう。当時よく拡散されたのは本筋にあたる〈Albums still matter〉という一節のほうだったが、ここでプリンスは〈アルバムを覚えてる? 本や黒人の命と同じように、アルバムは大切なものだ〉と例に挙げている。前年にNYやファーガソンで無抵抗の黒人男性が白人警官に殺された事件によって〈Black Lives Matter〉というスローガンは大きく広まったが、その意識はプリンスの中でも昔から強いものだったのだ。

 が、そうした思いを表明する『Welcome 2 America』が結局リアルタイムで世に出ることはなかった。当時のプリンスがそうしなかった理由は本人にしかわからないが、それどころか『Welcome 2 America』がお蔵入りした時点からプリンス自身がアルバムというフォーマットを〈忘れる〉長い空白期に入っていく。2010年7月に『10Ten』を発表し、2014年9月に突如『Art Official Age』とサードアイガールとの『Plectrumelectrum』の2作を出すまでの約4年間は、彼のキャリアにおいて異例のブランクとなった。

シンプルな布陣

 そもそも『10Ten』を前年のうちに作り終えていたプリンスは、2010年初頭から初顔合わせのタル・ウィルケンフェルド(ベース)、クリス・コールマン(ドラムス)を迎えたバンドでアルバム制作の準備に入っている。若くしてジェフ・ベックやハービー・ハンコックら大御所たちに抜擢されて脚光を浴びたタルと、後にレイラ・ハサウェイやベックのバックで活躍することになるジャズ畑のクリス。このフレッシュなリズム隊に加え、レコーディングには90年代から腹心として活躍してきたMrヘイズ(モーリス・ヘイズ)が鍵盤などで参加し、半数の曲では共同プロデュースも担当。そして、『Planet Earth』(07年)から参加してきたシェルビーJ、後にプリンス指揮下でソロ作『The Unexpected』(14年)も出すリヴ・ワーフィールド、かつてプリンス参加のソロ作『I Am』(90年)も出していたエリサ・ディーズ(エリサ・フィオリロ)という3名の女性シンガーがほぼ全曲で登場。このシンプルな布陣が『Welcome 2 America』の聴き心地を印象づけている。

 冒頭の表題曲はコーラスやアドリブを女性ヴォーカル陣に委ね、プリンスが語りに徹するという珍しいスタイルのロウなナンバーだ。続くジャジーな意匠の“Running Game(Son Of A Slave Master)”でも一歩引いたような殿下のスタンスは変わらず。3曲目の“Born 2 Die”ではようやく普通にリードを取るが、こちらはカーティス・メイフィールドに着想を得たようなソウル・チューンで、全体的に抑制の効いた振る舞いだ。続く“1000 Light Years From Here”は『HITnRUN Phase Two』所収の“Black Muse”に組み込まれる形で世に出てはいたポジティヴなナンバー。シリアスなトーンが際立つものの、女性シンガー勢の振る舞いも相まって落ち着いたアダルトなソウル・レヴューのようにも響く。

 かと思えば、続く“Hot Summer”はタイムの“Shake”を思わせるポップな意匠が脳天気な裏表のないサマー・チューンで、ここではリヴが熱いアドリブを挿入して気分を盛り上げる。続くソウル・アサイラムのカヴァー“Stand Up And B Strong”はエリサのパワフルなソロ歌唱をフィーチャー。“Same Page, Different Book”ではシェルビーがラップを担当していて、3人それぞれに均等な見せ場が用意されている。

 そしてヘイズが不参加となる終盤の4曲では、まず後に『HITnRUN Phase Two』で再録されるスロウ“When She Comes”の簡素なオリジナル・ヴァージョンがあり、プリンス独力の演奏によるファンク・ロック“1010(Rin Tin Tin)”があり、キュートな全肯定ポップ“Yes”を挿んで、伝統的なソウル・テイストの“One Day We Will All B Free”でアルバムは締め括られる。

©MIKE RUIZ

蘇ったアイデア

 彼がアルバムを作り終えたのは2010年の春ごろ。『20Ten』を挿んで、年末には〈Welcome 2 America Tour〉をスタートしているから、当初はその時期にアルバムを出す段取りだったのかもしれない。ただ、制作に臨んでいた3月には自身のオフィシャルサイト〈Lotusflow3r.com〉を突如閉鎖し、その前後のインタヴューでは〈インターネットは終わってる〉などと手厳しい発言もしている。もともとレコード会社の縛りを嫌って90年代からネットを駆使する音楽家の先駆けとなった彼だが、違法ダウンロードの横行や、大手プラットフォームによる配信サイトの支配が進んでいく状況を目の当たりにして、結局はかつてのメジャー同様の息苦しさを感じるようになったのではないか。そうしたフラストレーションもまた創作の原動力になっていたのは間違いないが、やがて怒りが落ち着いたのか、そこでアルバムを提示することへの興味まで切れてしまったのか。

 結果的に殿下がメジャー復帰という形でアルバム作りに回帰したのは2014年。その影でお蔵入りした『Welcome 2 America』だが、そもそも同作が備えたアイデアの一部は改めてコンシャスな意識を前に出した『HITnRUN Phase Two』に活かされていくこととなる。

RELATED ALBUMS
『Welcome 2 America』の世界をもっと楽しむための関連作品を紹介!

一応〈前作〉にあたるオリジナル・アルバム。冒頭の“Baltimore”でBLMのムーヴメントに呼応した一作だが、“1000 Light Years From Here”を合体させた“Black Muse”や“When She Comes”のリメイクもあって、『Welcome 2 America』との繋がりを窺わせる部分も多い。

 

若くしてジェフ・ベックらに抜擢されて脚光を浴びた女性ベーシスト。プリンスに誘われて『Welcome 2 America』にフル参加していたことが明らかになったが、その後のツアーや録音で絡むことはなかった。この最新ソロ作では歌やギター・プレイも披露してマルチな才を見せている。

 

CURTIS MAYFIELD 『There's No Place Like America Today』 Curtom(1975)

レニー・クラヴィッツ版も知られる“Billy Jack”を収めた、カーティスきっての社会派アルバム。プリンス新作中の“Born 2 Die”は意図的にこの頃のカーティスを匂わせた作りだが、よく考えると『Welcome 2 America』という表題の皮肉なニュアンスはこちらのタイトルと同義だ。

 

ジョージ・クリントンとの縁や影響については言うまでもないが、“Welcome 2 America”にてメロディーの歌唱はコ—ラス陣に委ね、本人はほぼ語りに徹するようなプリンスの振る舞いは、P軍団を象徴する“P. Funk(Wants To Get Funked Up)”の展開に通じる重々しさがある。

 

THE STYLISTICS 『The Stylistics』 Avco(1971)

“Welcome 2 America”の不穏な幕開けが連想させるのは、フィリー・スウィートの至宝にトム・ベル&リンダ・クリードが提供したひときわコンシャスなヒット・“People Make The World Go Round”か。ちなみに本作が“Betcha By Golly, Wow”を収めた一枚なのは言わずもがな。

 

『Welcome 2 America』における唯一のカヴァー曲は、同郷ミネアポリスの大御所ロック・バンドによるエモーショナルなナンバー“Stand Up And Be Strong”。原曲を収めたこちらのアルバムは、ちょうど元NPGのマイケル・ブランドがドラマーとして加入した最初の作品でもあった。

 

プリンス最初の相棒アンドレ・シモーンによる、2014年に配信した“Black Lives Matter”など近年の活動を集約したコンシャス作。表題は〈ウッドストック〉の開催年であり殿下と出会った頃のようで、一緒に聴いていたであろうジミヘンやストーンズ風のロックを思い出に捧げている。

 

BECK 『Hyperspace (2020) Deluxe Edition』 Capitol/ユニバーサル(2020)

本文中にあるスピーチを行ったグラミー授賞式で殿下からトロフィーを手渡されたのがベックだった。こちらはファレルと作った2019年作のデラックス版で、いくつかの曲が新装/追加されたほか、日本盤のみ聖地で録音した配信EP『Paisley Park Sessions』も丸ごと収録されている。

 

『Welcome 2 America』のほぼ全曲で存在感を見せるのが、シェルビーJとエリサ・フィオリロ、そして彼女という女性ヴォーカル隊だ。殿下が総監督を務めたこのソロ・アルバムでも、タイトル曲と“Your Show”の2曲への関与はありつつ舵取りは主役の個性に委ねられている。

 

JUDITH HILL 『Baby, Im Hollywood』 Regime Music Group(2021)

『HITnRUN Phase One』参加やNPGでのアルバム・リリースを経験してきた女性ヴォーカリストの最新作。ロッキッシュな楽曲とソウル作法のナンバーを共存させたアルバムで、“You Got The Right Thang”などモロにプリンスっぽさを感じさせるアレンジの妙もポイントだろう。

 

DONNA GRANTIS 『Diamonds & Dynamite』 eOne(2019)

〈Welcome 2 America Tour〉のベースで活躍するイーダ・ニールセン……と共にサードアイガールに名を連ねたカナダの女性ギタリストによるソロ作。殿下と奏でた世界も少し思い出させつつ折衷的なインストのフュージョンを鳴らし、セルフ・プロデュースで美意識を追求している。

 

RICKY PETERSON, THE PETERSON BROTHERS 『Under The Radar』 Jazzline Records(2021)

主に90年代のプリンスを支えた鍵盤奏者リッキー・ピーターソンの最新アルバムは兄弟や家族らと作り上げたファンキーなジャズ・アルバム。今回もベン・シドランのプロデュースで、ポール曲のリメイクなども織り込んでミネアポリスの確かな流れをグルーヴィーに伝える好盤。

 

THE TIME 『The Time (40th Anniversary Deluxe)』 Warner Bros./Rhino(1981)

モーリス・デイの個性的なキャラクターをフロントに立てたファンク・バンドで、舞台裏ではプリンスがほぼすべての演奏とソングライティングを手掛けていたプロジェクトの初作。このたびリリース40周年を記念してLPでリイシューされ、シングル・ヴァージョンなどもまとめて収録。

 

JAM & LEWIS 『Jam & Lewis: Volume One』 Flyte Tyme/BMG(2021)

恩人であり好敵手でもあるプリンスのミネアポリス・ファンクを発展させ、世界的なトップ・プロデューサーになったジャム&ルイスの初リーダー作がこのタイミングで到着。モーリス&ジェロームによるタイムの再会もあれば明快な殿下オマージュもあって、流石にツボを心得ている。

©KEVIN MAZUR

〈Welcome 2 America Tour〉の貴重なライヴ映像もこの機会にチェックしたい!

 今回リリースされた『Welcome 2 America』の〈デラックス・エディション〉及び〈スーパー・デラックス・エディション〉に同梱されるBlu-rayでは、〈Welcome 2 America Tour〉におけるフルセットのライヴ映像を楽しむことができる。そもそもキャリアの長さやツアーの多さのわりに公式のライヴ映像があまり世に出ていないプリンスだけに、これは貴重なものとなるだろう。収録されているのは、同ツアーにおいてカリフォルニア州イングルウッドのザ・フォーラムで連続開催された〈21 Nights〉シリーズのうち、2011年4月28日の公演の模様。ニュー・パワー・ジェネレーションのメンツは10年秋に行われた欧州ツアー〈Prince Live 2010〉の陣容を踏襲して、Mrヘイズとレナート・ネト、カサンドラ・オニールの3名がキーボードを担当。リズム隊はこの後のサードアイガールでもメンバーに名を連ねるデンマーク出身の新進イーダ・ニールセン(ベース)、そしてNPG歴も長い敏腕ジョン・ブラックウェル(ドラムス)が務め、もちろんシェルビーJとリヴ・ワーフィールド、エリサ・ディーズといった強力なヴォーカル隊、そしてミステリアスな双子ダンサーのツインズが脇を固めている。

 つまりアルバムでバックをガッチリ支えていたタル・ウィルケンフェルドとクリス・コールマンは不参加で、しかも(お蔵入りした作品だから当然ではあるものの)結果的にアルバムの楽曲がツアー中に披露される自体がほぼなかったため、『Welcome 2 America』本編とは切り離して考えるべきショウの構成になっている。
ディープなイントロダクションとなる“Joy In Repetition”に続いては、シェルビーがリード歌唱するインディア・アリー“Brown Skin”のカヴァー。それに続くのが80年代の人気曲“17 Days”で、いつもながらブレイクがキマるスロウ“Shhh”、さらには“Controversy”と、この時点ですでに脈絡なく多彩な曲が出し入れされてくる。
殿下の衣装替えやブレイクもあって多めに盛り込まれたカヴァー曲では、女性ヴォーカル・トリオを中心にカサンドラやイーダらも交えた個々のパフォーマンスが良い緩急を形成。カサンドラのピアノとエリサの独唱から始まって次々に女性陣が歌い繋いでいくボブ・ディラン/アデルの“Make You Feel My Love”、シェルビーの十八番となっているディープな“Misty Blue”も聴きものだ。さらにはジャネット・ジャクソン“What Have You Done For Me Lately”のカヴァーではトリオをフルに踊らせ、シーラEの“Love Bizzare”、ザ・タイムの“The Bird”と“Jungle Love”を連発してミネアポリス・ファンクの本家が誰なのかをイキイキと見せつける様子も楽しめる(同年秋のザ・タイム再結成をいつ知っていたのだろう?)。

©KEVIN MAZUR

 とはいえ、イントロ一発で会場が湧き上がる“Let's Go Crazy”をはじめ、カサンドラのピアノ・ソロもかっこいい“Delirious”、オーディエンスの大合唱が響く“1999”、イントロやブレイクを粘っこく引っ張りまくる“Little Red Corvette”、そして“Purple Rain”“Kiss”などの特大ヒット群は良くも悪くも華と格が違いすぎる印象だ。
終盤はワイルド・チェリーの“Play That Funky Music”からクール&ザ・ギャングの替え歌“Inglewood Swingin'”、そしてレイクサイド“Fantastic Voyage”と大玉ファンク・パーティーをベタベタに展開して賑やかにフィナーレ……と思いきや、最後の最後には暗いステージにプリンスが残ってロキシー・ミュージックの“More Than This”(後にアンディ・アローに歌わせていた)を美しく歌い上げて終了。余韻と共にもっといろんな日のパフォーマンスも観てみたいと思ってしまうのだった。

7月30日にリリースされるプリンスのニュー・アルバム『Welcome 2 America』(NPG/Legacy/ソニー)。こちらはCD+Blu-ray+2LP+付属品の〈スーパー・デラックス・エディション〉の展開図!