踊ってばかりの国『私は月には行かないだろう』アニミズム的な視点を含んだ人間への洞察を下津光史が切々と歌にしていく、SF的コンセプトの7作目

2020.02.18

呪術的なサイケ・ナンバー“バナナフィッシュ”に始まり、短いインストの小品“タイムワープ”を挿んで本編が始まる、SF的なコンセプトの通算7作目。その後は主に穏やかな雰囲気の楽曲が続き、アニミズム的な視点を含んだ人間への洞察を、下津光史が切々と歌にしていく。レゲエ・フィールの長尺曲“Right now”から、本作のテーマ・ソングと言うべき“君が愛したあの空へ”に辿り着く終盤の流れは特に感動的だ。

関連アーティスト