TOWER DOORSブログ

問題總部 It’s Your FaultにTOWER DOORSから6つの質問 台北から新世代ネオ・ソウル/R&Bバンドの真打ちが登場!

問題總部 It’s Your FaultにTOWER DOORSから6つの質問 台北から新世代ネオ・ソウル/R&Bバンドの真打ちが登場!

こんにちは、TOWER DOORSスタッフです。

TOWER DOORSが注目する新人アーティストの魅力に迫るメール・インタビュー企画〈6つの質問〉。いままで質問に答えてくれたアーティストの楽曲は下記の再生リストにまとめてあります。

★TOWER DOORSチャンネル登録はこちら

今回は、4月に新設した最新のアジア音楽を紹介するチャンネル〈ASIA DOOR〉から、台湾のR&Bバンド・問題總部 It’s Your Faultに登場してもらいます。キュレーターの関俊行氏が彼らにインタビューを行いました。 *TOWER DOORSスタッフ


 

問題總部 It’s Your Faultは台北を拠点に活動するR&Bバンドで、ネオ・ソウルやジャズ、フュージョン、ファンクなどの影響を感じさせるマチュアなサウンドを特徴とする。メンバーは丁佳慧(ハナ/ヴォーカル)、蕭瑋德(ウェイド・シャオ/ギター)、黃子恩(ジョン・ホアン/ギター)、陳建安(ジェイソン・チェン/ベース)、林子祈(ベニー・リン/ドラム)、吳昱陞(サム・ウー/ピアノ)、施彥宇(レイビン/シンセサイザー)の7人。

紅一点のヴォーカリスト、ハナの物憂げで艶っぽい歌声には一度聴いたら忘れられない魅力があり、バンドの大きな柱となっている。スロウでチルなヴァイブスを纏いつつも、時折見せる、熱を帯びた展開から若さやエネルギーが感じ取れる。Tom MischやJordan Rakei、The Internetあたりが好きなリスナーにオススメしたい。

デビュー・アルバム、『User Guide: I』をリリースしてまだ間もない彼らに〈6つの質問〉をぶつけてみた。

TOWER DOORS