幻想的な森になぜか、どこでもドア(?)。赤い羽衣を着た女性がそれを開けると、先にそびえ立つ富士山。日本をイメージさせる、数々のランドスケープの上に流れる音楽は本格派R&B。シンガーソングライター・Risa Kumon“FREE”のMVは、映像と音の不思議な組み合わせで独特な魅力を放っている。

本楽曲はデニース・ウィリアムスが76年にリリースした名曲のアレンジで、国内iTunes StoreのR&B/ソウルチャートで6位、Amazon MusicのR&B/ソウルチャートで7位にランクイン。米国チャートでもiTunes、AmazonなどでTop 10に食い込み、MVのコメント欄にも国内外から賛辞が並ぶ。確かな歌のスキルとセンス、こだわりを感じるサウンドが海を越えて支持されているのだ。

それにしても、Risa Kumonは謎多き人物である。幼児期に失明から回復、高校卒業後に米LAに音楽留学、帰国後は沖縄で活動、2018年にヒップホップアーティストのROROとレーベル・R2 Recordzを設立と、その歩みは一風変わったものだ。さらにパーソナリティーを務めるビデオ番組「R2 RADIO」には、これまでカーク・フランクリン、ブライアン・マックナイト、コリーヌ・ベイリー・レイなど輝かしいゲストたちが出演している。

必ずしもメジャーレーベルに所属する必要はない時代とはいえ、いち日本のインディーアーティストでここまで多岐にわたるキャリアを持つ者は少ない。一体彼女は何者なのだろうか、その実像に迫る。

Risa Kumon 『FREE』 R2 Recordz(2022)

 

視力に頼らず音と波動を感じる

――まずはRisaさんの独特なキャリアについて質問させてください。幼少期に一度失明して回復されたそうですが、それによって音楽の感覚が鋭くなったということはあります?

Risa Kumon「失明した時の記憶はありませんが、多分あると思います。小さい頃から〈聞くこと〉に対して意識するようにトレーニングを受けてきましたね。父が音楽好きだった影響で、音楽を聴くことも音楽がある空間も好きでした。恐らく波動を敏感にキャッチしていたのだと思います。私は今も弱視で特に暗い場所では見えづらいのですが、土地勘がある場所では〈この辺に電柱があったな〉とか存在感で気付くことがありますね」

――ご自身のルーツとなる音楽は何でしょう。

Risa「ピアノも声楽もクラシックから入りました。それも好きでしたが、やっぱり一番心惹かれたのはジャズやソウル、R&Bでしたね。あとは小さい頃にゴスペルを聴いた時のインパクトがすごかったです。〈音だけでこんなに伝えることができるんだ〉と小さい時に知って、心から流れてくるパワーを体全体で感じました。

地元の長崎・佐世保は音楽が盛んで、ロックやジャズの生演奏をするバンドが多かったんです。ジャズバンドにボーカルで入れてもらったこともありました。でも私がティーンエイジの時はヒップホップが盛んだったので、その色が強いR&Bとかをクラブで歌ったりもしましたね。暗い場所なのでよく見えませんでしたけど(笑)。

クラブの波動は独特で、自分がいるエリアによって感覚が変わるんです。バーや席、フロア、DJの近くなどは雰囲気が変わるので、〈ここには大体こういう人が今たむろしてるな〉と感じられる。何となくですが、自分のいる所は把握できていたと思います」

――アーティストでは、特にローリン・ヒルに強く影響を受けたそうですね。

Risa「映画『天使にラブ・ソングを2』(93年)で彼女が歌っている“His Eye Is On The Sparrow”や“Joyful, Joyful”が好きで幼い頃からマネしてましたね。それがソウルフルなゴスペルやヒップホップとの出会いだったと思います。

最初にクラブに行き始めた時は90sヒップホップ/R&Bから聴き始めて、ファーサイドやア・トライブ・コールド・クエスト、あとはジャネイなどの女性シンガーをよく聴きました。90s以外にもあの頃にリリースされた曲はどれも好きで、パッとしない曲がほとんどなかった気がします。単にクラブで曲をかけていたDJが上手かっただけかもしれませんが(笑)」

LAで学んだ音楽とコミュニケーション

――その後、本場のアメリカに渡っていますが、おいくつの時だったんですか?

Risa「20代前半ですね。当時、父が花の事業をしていたこともあり、フラワーデザインの専門学校に通っていたんです。それでオランダに留学する話もあったのですが、あまり惹かれなくて……。せっかく海外の言語を学ぶならアメリカに行きたいし、それなら音楽を学びたいと思い、LAのパサデナに行きました。

パサデナにはプライベートで教えてくれる学校があって、作詞作曲、レコーディング、ミックスをガイドしてもらいながら実習しました。ボーカルも磨きたかったので、ゴスペルの上手い先生にも習ったんです。でもパフォーマンスとアドリブのコツを教えてもらったら、〈あとは自分でやりなさい〉という感じでしたね」

――特に学びになったと思う科目は何でしょう。

Risa「レコーディングです。日本では身内で何となくやっていましたが、実際に先生に見てもらうと〈口でしか歌ってないよ。自分の歌詞なんだから、伝えたい想いを体から声を出して録った方がいい〉とアドバイスをもらいました。

ディレクターはケー・シー&ジョジョのバンドの方々。そういう人たちが突然ヘルプに来てくれて〈リズムとキーはどんな感じ?〉と訊いてくるんですが、〈こんなのだよ〉とちょっと教えただけで〈はいはい!〉といきなり弾きだすんです。〈めっちゃカッコいい!〉と驚きましたね。

私が伝えた感じに上乗せして独自のリズムとメロディーを鍵盤で弾くのを見て、〈こういう風に自分を表現していくのか!〉と。言われたものを弾くだけでなく、他人の演奏を聴いてキャッチしたものを出していかなきゃいけないんだと理解しました。それが一番の衝撃だったと思います」

――他にもカルチャーショックだったことなどがあれば訊きたいです。

Risa「たくさんありましたね。私はシャイで現地の人たちと遊ぶ時もみんなの話を聞くのに精一杯で、あまり輪に入れなかったんです。でも彼らは救いの手を差し伸べてくれる訳ではなくて、〈Risaは静かにしたいんだな〉とほっとかれる感じ(笑)。友達からも〈助けがないと話せない人だと思われるよ〉とアドバイスされたので、〈とりあえず何か言わなくちゃ〉と思いました。それからコミュニケーションが取りやすくなりましたね。日本だと輪に入れてない人にも気を遣ってくれますが、アメリカでは何も言わなかったら透明人間になってしまうので、それはカルチャーショックでした」

 

帰国後に気づいたアイデンティティー

――今回の“FREE”にも〈日本〉というご自身のナショナリティーが表れていますが、それについてはどう感じていますか?

Risa「英語でも日本語でも歌っているので〈この人、何者なんだろう?〉と思われるかも知れませんが、私は日本人でそのアイデンティティーや自分の味を出したいと思っていて、今回のジャケットも和装にしました。

“FREE”ジャケット

MVでもスピリチュアルな要素や次元間をトラベリングする〈自由〉、生命のエナジー、ネイチャーとの繋がりといった私らしさを表現しているんです。予想以上の作品を作れたと思っています」

“FREE”ミュージックビデオ

――アメリカでアイデンティティーを再確認しましたか?

「逆に日本に帰ってきてから気付いたことが多かったですね。帰国してからカルチャーショックバックがあって、〈なんで私は日本のこういったことに興味がなかったんだろう?〉と改めて考えましたね」

 

多国籍な音楽に触れた沖縄時代

――帰国後は沖縄で活動されていますが、なぜ東京に行かなかったんですか。

Risa「実は最初に東京へ行ったのですが、アメリカとの温度差で鬱になりかけたんですよ(笑)。電車のなかでネガティブなエナジーを感じてしまったんです。スーツ姿の人は疲れた様子でしたし、若い子たちの会話は意味のないものばかり、そしてみんな携帯を見つめている……それが私にとっては世にも奇妙な光景で。あとは視力が悪いのもあって、街に出ても道に迷うんですよ。自分がどこにいるかわからず、新宿駅を半日くらい歩き続けたこともあります。

そんな時にLAで知り合った沖縄出身の友人がイベント出演の声をかけてくれて、沖縄に行ったんですよ。そこで色々な方に声をかけてもらって、その後も何度かライブ出演で沖縄に行き来していたら、〈こっちの方が楽しいし、海も好きだし、音楽も盛んだし、自分に合ってる〉と思ったんですね。それに父が〈自分が馴染める場所でやった方が伸びると思うよ〉と言ってくれたこともあって、沖縄に拠点を移したんです。米軍基地のフェスやクラブ、クルーズ、ウェディングチャペルなどで歌わせてもらって、充実した日々でした。5年くらい居たと思います」

――沖縄で活動されていた頃の音楽性はどんなものでした?

Risa「ジャズやR&Bを歌っていましたが、沖縄の音楽をラウンジっぽくアレンジして歌ったりもしてました。現地の方々はご当地の音楽が好きで、違うバージョンで歌っても喜んでくれるんです。

自分とは別のカルチャーを受け取って、それを自分なりに表現する私のスタイルの原点は沖縄にある気がします。沖縄といえばロックが有名ですが、米軍ベースの人が集うイベントも盛んで、ヒップホップやスパニッシュ音楽、レゲエなど多国籍な音楽を楽しんでいました」

――沖縄はヒップホップシーンが盛り上がっていますよね。

Risa「そうですね、沖縄出身のAwichさんとは以前イベントでご一緒したことがありました。その時は、娘さんも一緒で、素敵だなと思った記憶があります。今とはまた違うスタイルのヒップホップをされていましたが、すでに現代日本のヒップホップシーンで注目されるほどに成長されていて素晴らしいです。沖縄のヒップホップシーンも先導されていますね」

〈いい音楽〉ではなく〈グレイトな音楽〉を作りたかった

――では改めて“FREE”についてお訊きします。楽曲が世界中のチャートを賑わせていますが、それについてはいかがですか?

Risa前作『Christmas Covers』(2016年)もプロモーションしていなかったポルトガルのチャートで上位に上がって驚いたのですが(笑)、今作はヨーロッパでも好評をいただいているようです。フランスやイギリス、ドイツですね。あとメキシコやペルー、北米も。そして、もちろん日本で一番聴いていただいています」

2016年のEP『Christmas Covers』収録曲“Have Yourself A Merry Little Christmas”

――カリフォルニアやメキシコ、ケニアのメディアからも取材を受けたとか。

Risa「色々な記事でフックアップしていただきました。MVも気に入ってもらえたようですね。ラジオでかけてもらう機会が増えて、嬉しいことにリスナーも増えています」

――“FREE”はデニース・ウィリアムスの名曲をアレンジしたものですが、選曲の理由を教えてください。

Risa「この曲で多くの方に私を知ってもらいたかったので、聴き馴染みがあって自分を表現しやすい曲を探していたんです。そんな時にROROがこの曲を提案してくれました。緊急事態宣言が出ていた時期でもあったので、メッセージ性もいいかなと。あとはリラックス感のある解放的な曲にしたいという思いもあったので、多角的な面で“FREE”は合ってましたね」

デニース・ウィリアムスの76年作『This Is Niecy』収録曲“Free”

RORO「レコーディング自体は2020年の8月で2カ月ほどで終わったんですが、その後の作業に時間がかかったんです」

Risa「ベースの日野“JINO”賢二さんたちの演奏を録ってから、アメリカ在住のウィル・“ザ・ブラス”・アレンさんのトランペット、続いて自分のコーラスを足しています。でも一番難航したのはミックスとマスタリングのエンジニアを誰にお願いするかということでした。LAやNY、イギリスの方にお願いしても、しっくり来るサウンドにならなくて。

結局たどり着いたのは、ROROの楽曲に私が客演した“Doesn’t Mean I’m Lost”(2013年)でミックスを担当してくれたイタリア人でLA在住のIRKOさん。それまで他の方と何度もやりとりをしてきましたが、彼が仕上げてくれたものを1回聴いただけで〈これだ!〉と確信して。

ROROの2013年作『Road To Success』収録曲“Doesn’t Mean I’m Lost (feat. Risa Kumon)”

マスタリングエンジニアも、自分の好きなTLCやアリシア・キーズ、ローリンヒルなどの作品をマスタリングされている方を調べてハーブ・パワーズJr.さんを見つけて、彼にお願いしたんです。おかげで私たちの思った通りの音にできましたね」

RORO「〈いい音楽〉はすぐ作って完成させられるけど、今回は〈グレイトな音楽〉を作りたかったので、これまで突き詰めていなかった部分をこだわったんです」

 

未知の音楽も自分のものにし成長し続けるアーティスト

――サウンドデザインについてはベースが強く出ていたのと、コーラスの感じも印象的でした。何かコンセプトはありました?

Risa「まずはグルーヴ感が欲しかったのでJINOさんにそこをお願いして、ミックスの段階でROROから〈ベースを上げた方がもっとよくなる〉と提案があり、この仕上がりになりました。

聴こえてない部分もあるかもしれませんが、コーラスもかなり重ねているんです。アカペラバージョンを聴いてもらえるとわかると思います」

“FREE (Acapella)”

RORO「バックコーラスはかなりありますね(笑)。多分20~25トラックくらい重ねていると思います。低・中・高域の音程のメロディーや、それをパンさせたもの、左右に動かしながら入れたものなどが混ざっているんです」

――ところでROROさんから見たRisaさんの魅力とは何ですか。

RORO「彼女はどんなタイプの音楽にもオープンで、適応するのが得意なんです。ひとつのスタイルしか持っていないジャズシンガーなら、〈ヒップホップもラップも好きじゃない〉と言うかもしれません。でもRisaの知らないアイデア、例えばロックなどから着想したアイデアを僕が伝えるとするじゃないですか。すると彼女は未知の音楽でもそれをよく聴いて、自分のスタイルにしてしまうんです。そこがアーティストとして成長していく点であり魅力ですね」

角を曲がれば新しいものに出会える

――ちなみにおふたりがパーソナリティーを務める「R2 RADIO」には、カーク・フランクリン、ブライアン・マックナイト、コリーヌ・ベイリー・レイ、スタイリスティックス、AK-69、Shing02といった錚々たるアーティストがゲスト出演されています。なぜ彼らをブッキングできるんですか?

Risa「ROROの持つネットワークが大きいですね。出演してくださったみなさんは今を生きている感じがすごいんです。〈昔はこうだった〉じゃなくて、〈昔こんなことがあって大変だったけど、今はこれをやれてよかった!〉という感じ。辿ってきた道が見えるので、たくさんのインスピレーションをもらいました。

印象的だったのはDJジャジー・ジェフさんの〈Living in the now.〉という言葉。すごくシンプルな言葉ですが、確かにその通りだなと。あとコリーヌ・ベイリー・レイさんが、旦那さんを亡くして落ち込んでいた時期があった経験を明かしてから、〈今通っている道は魅力的に見えないかもしれないけど、角を曲がれば新しいものに出会える〉と話してくれたことも忘れられません」

DJジャジー・ジェフが出演した「R2 RADIO」

コリーヌ・ベイリー・レイが出演した「R2 RADIO」

――ROROさんは日本のアーティストと話してみて、いかがでしたか?

RORO「『R2 RADIO』でお話しした日本のヒップホップアーティストたちは、今まで日本の音楽シーンになかった新風を独自に広めている方が多く、DJ PMXやDJ KRUSH、dj hondaなどは日本のヒップホップシーンの成長に大きく関わっていたり、Shing02さんは世界のどのラッパーとも違う彼独特のユニークな声を持ち、彼のスタイルを表現している。彼らのように、まだ作られていないシーンにおいて、独自のアートフォームを音楽ビジネスに取り込めるアーティストには感謝したいですね」

DJ KRUSHが出演した「R2 RADIO」

――R2 Recordzで若手をフックアップしたりすることもあり得ます?

Risa「発掘も得意です(笑)。日本に限らず、海外の方でもご縁があればご一緒したいですね。ROROもアーティストの魅力を引き出すのが上手なので、色々な方と関わっていければと思っています」

――フィーチャリングで共演したいアーティストがいたら教えてください。

RORO「50セント、カニエ・ウェスト、ジェイ・Z」

Risa「FKJやマセーゴと一緒に何かできたら嬉しいですね。あとは昔から尊敬している久石譲さん。生演奏の映像を観る度に毎回違うインスピレーションをもらえるんですよ。彼と何かを作ることが夢のひとつです」

――では最後に今後の展望をお願いします。

Risa「“FREE”は、次に出すアルバムのシングルカットのつもりでリリースしました。アルバムには、私がインスピレーションを受けた音楽をアレンジした曲が多く収録される予定です。どれもこだわって作った曲ばかりなので早く聴いてもらいたいです。あとは海外でも活動を広げたいと思っているので、ツアーにも行きたいですね」

 


RELEASE INFORMATION

Risa Kumon 『FREE』 R2 Recordz(2022)

リリース日:2022年6月22日
配信リンク:https://linkco.re/evZefRVr

TRACKLIST
1. FREE

 


PROFILE: Risa Kumon
実力派の日英バイリンガルシンガーソングライター。〈声〉と〈エネルギー〉で独特な安定感と壮大な世界感を表現するインスピレーショナルアーティスト。主にR&B/ソウル/ジャズ/ポップス/ワールドなど幅広いジャンルを独自にアレンジしている。出身は長崎県佐世保市。幼少の頃、麻疹により一度失明し、その後、奇跡的にわずかな視力を回復するが、後遺症として二次性網膜色素変性症(弱視・視野狭窄・夜盲症)を持つ。両親の意向によりピアノレッスンと普通教育を受け、専門学校卒業後、単身で米LAへ留学し、現地の音楽家やプロデューサーと音楽活動を経験。米国のR&Bグループ、ケー・シー&ジョジョのバンドメンバーにレコーディングのディレクションを受ける。帰国後、米ヒップホップアーティストのROROと共に国際音楽レーベルのR2 Recordzを設立し、音楽製作、国際番組製作「R2 RADIO」「Risa’s Select」を開始。また、FOXジャパン企画のフェスや米軍基地・米大使館などでのイベントのほか、〈中洲ジャズフェス〉〈福岡アジアコレクション(FACo)〉などにメインアクトとして出演するなど国際関連イベント・メディアにて活躍。2016年にリリースされたクリスマスEP『Christmas Covers』では、iTune Storeのジャズトップソングにて1位を獲得。総合トップソングにおいては20位にランクインし、海外での人気度を上昇させている将来性が高い、今注目の国際アーティストである。