インタビュー

TINASHE 『Aquarius』―センシュアルで野蛮、エッジーにして可憐、新しいプリンセスの名は……

【COLOUR ME POP ホット・ガールズ2014】 Part.2

COLOUR ME POP
[ 緊急ワイド ]ホット・ガールズ2014

さまざまなフィールドからポップな女性アーティストたちが大集結! 
彼女たちがいるから、冬の寒さも気にしてなんかいられないっ!!

 


 

TINASHE

 

私は実験がしたい

「誰もが予想するものじゃないわ。いろんなタイプの音楽から受けた影響が、メルティング・ポットの中でひとつになっている。私は実験がしたいの。ジャンルの境界線を壊してしまいたいのよ」。

 21歳のシンガー/ソングライター、そして優れたダンサーでもあるティナーシェはそのように自身のヴィジョンを説明する。いくつかのミックステープによってオンラインで名を広め、雰囲気のある歌唱と独創的なクリエイションを世に認めさせてきた彼女は、RCAからのファースト・アルバム『Aquarius』で自身の何たるかを改めて世に問おうとしているのだ。

TINASHE Aquarius RCA/ソニー(2014)

 本人の語るところの〈メルティング・ポット〉には何が投げ込まれてきたのか。それは実際にティナーシェの音楽を耳にすれば、断片と断片の溶け合ったサウンドや歌唱のスタイルからいくつかの固有名詞を挙げることも可能だろう。とはいえ、93年にLAで生まれた彼女は、子供の頃から想像以上に多様な音楽を吸収してきたようだ。彼女の父親はジンバブエ出身で、母親は北欧系。特に民族のカルチャーを受け継ぐ父親の影響は、音楽や芸術の側面で常日頃から彼女の生活に浸透していたのだという。

「父の家族はジンバブエ出身で、音楽的な文化が凄いの。物心ついたときから音楽がずっと一緒だったわ。DNAの一部よ。とにかく音楽のすべてが好きでたまらなかった。歌えるようになった途端、音楽活動をすることが私の一番大きな目標になったわ!」。

 そんな彼女は、年齢が一桁の頃からモデルの仕事を開始。演技に針路を転換すると、2000年に「ジェニーのいた日々」で初めて映画に出演。その後はTVシリーズにも出演するなど、女優としての道を着実に進んでいく。それでも〈一番大きな目標〉はやはり音楽だったのだろう。2007年にスタナーズなるガールズ・グループに加入したティナーシェは憧れていた道に没入していった。グループは2009年にコロムビアと契約し、“Bubblegum”でデビュー。コンスタントに楽曲リリ−スを重ねつつジャスティン・ビーバーのツアーでオープニングを務めたこともあったようだから、活動はそこそこ順調だったに違いない。しかしながら、すでに曲も書きはじめていたティナーシェは2011年のグループ解散を以て独り立ちを決めている。

【参考動画】スタナーズの2009年のシングル“Bubblegum”

 

「ソロとしてのキャリアを追求するため、できる限りのことをしようと決めたの。レコーディングやツアーのやり方はグループの活動を通して身に付いたわ。でも今度は自分自身を表現する時だった。ずっとクリエイトしたいと思っていたアートは〈私自身に忠実なもの〉。個人としてもアーティストとしてもね。それを掴み取るために、当時自分だけのスタジオ機器とカメラを購入したの。そして楽曲制作とレコーディングをして、曲や映像をオンラインでリリースしはじめたのよ」。

【参考動画】ティナーシェの2012年のミックステープ『In Case We Die』収録曲“Boss”

 


ゲームをするためにいるわけじゃない

 スタナーズ時代のギャラを機材に充てた彼女は、2012年に最初のミックステープ『In Case We Die』を公開する。グループ時代から共演歴のあったレガシーニュー・ボーイズ)も助力したこの作品は、カニエの『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』とラナ・デル・レイの間にあるような雰囲気で、盛り上がりつつあったオルタナティヴなR&Bの潮流にもシンクロするものだった。半年後に『Reverie』、そして翌2013年に『Black Water』を発表する頃には効果的なヴィジュアル・イメージの力もあって彼女の名はアーティストやメジャー・レーベルの間でも囁かれるものとなる。そして、晴れてRCAと契約した彼女は自身の定義する〈プログレッシヴなR&B〉をより熟練したクリエイターたちと追求していく環境を手に入れたのだった。こうして完成したのが『Aquarius』だ。

 制作環境の変化や多くの人との関わりはは、彼女の作風にも変化を及ぼした。スクールボーイQが客演し、DJマスタードの手掛けた先行シングル“2 On”について彼女はこう説明する。

「自分の楽曲はたくさんあるけど、ちょっとシリアスだったりエモーショナルなものばかりだった。でも“2 On”は楽しむための歌よ。若さを満喫して、デートしたり、友達とパーティーしたり……大いに楽しんでいるの。それがインスピレーション。いかにも西海岸って感じだけど、私の独特なスタイルでもあるわ」

 また別のシングル“Pretend”ではエイサップ・ロッキーを招き、アトモスフェリックな霞に向かって告解するかのように「私の音楽のエモーショナルな側面」を披露。フューチャーも交えたジャスパー・キャメロン製の“How Many Times”はジャネット・ジャクソンを引用して、そのセンシュアルな成熟の源泉も教えてくれる。先日リリースされたジェネイ・アイコもそうだが、いわゆるベッドルーム的な美学と同時に極めてポップな誠実さと根本的なR&Bの魅惑と官能がティナーシェの世界には溢れ返っていて、だからこそ『Aquarius』は彼女の纏う熱情を起伏のある美しい物語として確かに届けてくれるのだろう。

「人生のすべてを捧げたの。本当に真剣に取り組んでいるし、努力しているわ。ゲームをするためにここにいるわけじゃない。このアルバムは100%私自身。音楽がそれをはっきりと伝えていると思う」。

 

▼ティナーシェが参加してきた作品の一部

左から、2007年のサントラ『iCarly: Music From And Inspired By The Hit TV Show』(Columbia)、ライアン・ヘムズワースの2013年作『Guilt Trip』(Last Gang)、カルヴィン・ハリスの2014年作『Motion』(Fly Eye/Columbia/ソニー)
※ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

 

▼『Aquarius』に参加したアーティストの作品

左から、フューチャーの2014年作『Honest』(Freebandz/A-1/Epic)、スクールボーイQの2014年作『Oxymoron』(Top Dawg/Interscope)、エイサップ・ロッキーの2013年作『Long. Live. ASAP』(ASAP Worldwide/Polo Grounds/RCA)、ブラッド・オレンジの2013年作『Cupid Deluxe』(Domino)
※ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

 

タグ
TOWER DOORS
pagetop