インタビュー

T-SQUAREが語る35周年イヤーのハイライト映像作「Festival」と期待の新作『NEXT』

T-SQUAREが語る35周年イヤーのハイライト映像作「Festival」と期待の新作『NEXT』

豪華な面々で祝う35thアニヴァーサリー

 昨年2013年、デビュー35周年を迎えたT-SQUARE。アニヴァーサリー・イヤーであった昨年はT-SQUARE SUPER BANDによる記念盤『Smile』に始まり、さらにゲストを加えた日比谷野音と大阪フェスティバルホールのコンサート、過去全作品リマスターBOX『T-SQUARE 35th Anniversary THE BOX 2013』のリリース、T-SQUARE plusとしてのアルバム『History』、レギュラー・メンバーによるチキンジョージ5days、大晦日のカウントダウン・コンサートと精力的な活動を展開した。そしてこの度、アニヴァーサリー・イヤーのハイライトとなった大阪フェスティバルホールのコンサートを収録した映像作品「Festival」と、年が明けてレコーディングされた新作『NEXT』が届けられた。まずは35周年アニヴァーサリー・イヤーを締めくくる映像作品「Festival」からご紹介しよう。

T-SQUARE 『T-SQUARE 35th Anniversary “Festival”』 Village(2014)

安藤正容「前回の30周年から、あっという間でしたね。あの時は〈次は5年後だね〉なんて半分冗談で言ってたんだけどね。でも前回あれだけ派手にやってしまったので、今回はその上を行かなくちゃというプレッシャーはありましたし、とにかく豪華なコンサートにしなくちゃと気合いを入れてました。ただ、これまでに大抵のことはやってしまっているので、企画を練るのが難しいんですよ。そこで閃いたのが、スクエアの旧メンバーはもちろん、スクエアと関係のあった外部アーティストをお招きすることなんです。アルバム『虹曲』(2012年作品)のレコーディングで外部からゲストを招いたとき、とても刺激を受けましたし、楽しかったというのが一つのきっかけではありましたね」

伊東たけし「いろいろ案はあったんだけど、最終的にマリーンのヴォーカル、オットットリオで安藤と一緒にやってるギターの野呂一生と是方博邦、ブラス・セクションには村田陽一(トロンボーン)と田中充(トランペット)にゲストとして入ってもらったんだ。ブラス・セクションはうちの宮崎隆睦(サックス)がまとめ役を兼ねている。それにしてもマリーンはエンターテイナーとして素晴らしい力量を持っているよね。“It’s Magic”という曲が僕たちやマリーンはもちろん、お客さんたちにとっても大きな存在の曲なんだと改めて感じましたよ。

安藤「ギタリストのゲストは日比谷野音では山本恭司とDIMENSIONの増崎孝司にお願いしたんですが、大阪フェスティバルホールで出演してもらったのは野呂一生と是方博邦。今回スクエアのメンバーとしてのギタリストは僕一人なんですが、僕としてはゲスト・ギタリストは大歓迎なんですよ。なぜなら同業者のプレイや使用機材なんかにもの凄く興味ありますから……(笑)。だって3人のギタリストが順番に曲のメロディを弾く箇所があるんですが、それぞれ個性豊かで面白いですよ。是ちゃんは独特の味のある是方節だし、野呂くんが弾いたらスクエアの曲なのにカシオペアっぽく聞こえちゃう(笑)。それから、マリーンとは昔よくジャズ・フェスなんかで一緒になることはありましたけど、意外にも共演することはあまりなかったんです。それがまた縁があって、彼女のアルバム『INITIAL』(2011年作品)を僕がプロデュースしたんです。これもこの5年間の出来事ですから、彼女は今回のゲストとしてとても旬なアーティストだと思います」

河野啓三「前回の30周年を経験しているので、今回は緊張しながらも楽しむ余裕がありました。鍵盤奏者としては宮城さんと和泉さんの演奏が気になるところですが、お二方の演奏には初期スクエア・サウンドにおける個性そのものを感じましたし、それが色褪せずにむしろ研ぎ澄まされていることには感激しました。元メンバー以外のゲストが参加するという試みも新鮮でしたね」

坂東慧「歴代メンバーによる僕の尊敬するリズム・セクションからは、やはり一時期のスクエアのサウンドを作りあげたオリジネーターとしての説得力を感じましたね。それにしても仙波さんの存在感には脱帽です(笑)。音楽をもっと楽しくするすることが出来るはずだと、思い入りました」

TOWER DOORS