TOWER DOORSブログ

SUKISHAにTOWER DOORSから6つの質問 いまもっともホットなマルチ・トラックメイカー/シンガー

SUKISHAにTOWER DOORSから6つの質問 いまもっともホットなマルチ・トラックメイカー/シンガー

リスナーによって〈新しい音楽との出会い〉はそれぞれ異なります。SNS、友だち、ストリーミング・サーヴィス、街中など、音楽との出会いの場はあらゆるところにあります。〈TOWER DOORS〉は、そんな未知の音楽との出会いの場の一つです。ぜひYouTubeチャンネルでそれを体感してみてください。

★TOWER DOORSチャンネル登録はこちら

TOWER DOORSブログで行っている〈6つの質問〉は、メール・インタビューから注目の新人アーティストの実像に迫り、アーティストについてリスナーにより深く知っていただく企画です。

今回は、マルチなトラックメイカー/シンガーのSUKISHAが登場します。2017年8月から本格的に音楽活動をスタートさせた彼は、直後にミュージック・ビデオ“4分半のマジック”を発表。すべての楽器をSUKISHA一人で演奏しているそのMVは、〈中毒性が高い〉とSNSで話題になりました。それにより、音楽クラウドファンディング・サーヴィス〈muevo〉にて当時の最速記録で制作費を集め、2018年6月に初のアルバム『Segment of Cakes』を全国リリースしています。

2019年からは活動の幅を広げ、kiki vivi lilyと“Blue in Green”を共作。同曲はYouTubeの再生回数が30万回を超えています。また、ローファイ・ヒップホップ系のトラックメイカーとしても活躍しており、いまもっともホットなアーティストの一人です。

そんなSUKISHAに〈6つの質問〉で迫ってみましょう。

関連アーティスト