マイルス・デイヴィス(Miles Davis)『Live Evil』72年の名盤を4ch&2chのSACDとCDで聴けるマルチ・ハイブリッド・エディション

MILES DAVIS 『ライヴ・イヴル(SA-CDマルチ・ハイブリッド・エディション)』 ソニー (2020)
2020.03.16

マイルス’72年の名盤が4ch、2chで聴ける上にSACD、CDで聴けるという優れもの。同一企画として以前〈ビッチェズ・ブリュー〉が発売されていた。自宅で4chのシステムなんてなかなかないが二台のPCとファイルを再生ソフトがあれば、4ch分のステムを同梱してくれればなんとか自宅でも再生できそうではある。グレン・グールドのシベリウスのCDではオリジナルミックスが楽しめるという企画があったのを思い出す。ともあれエルムート・パスコアルとマイルスの“Nem Um Travez”の武満徹の弦楽のレクイエムを彷彿とさせるクロマティックなメロディをいつか4chで再生してみたい。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop