TOWER DOORSブログ

SOMESEEGAIAにTOWER DOORSから6つの質問 ダークな電子音でSci-Fiなサウンドスケープを描くmakran所属の覆面アーティスト

SOMESEEGAIAにTOWER DOORSから6つの質問 ダークな電子音でSci-Fiなサウンドスケープを描くmakran所属の覆面アーティスト

こんにちは、TOWER DOORSスタッフです。

TOWER DOORSが注目する新人アーティストの魅力に迫るメール・インタビュー企画〈6つの質問〉。いままで質問に答えてくれたアーティストの楽曲は下記の再生リストにまとめてあります。

★TOWER DOORSチャンネル登録はこちら

前回のMadness Pin Drops前々回のAutumn Fruitに続き、〈TOWER DOORS POWER PUSH!!!!〉に選出した新鋭レーベル〈makran〉所属のアーティストに登場してもらいます。今回の主人公は、SOMESEEGAIAです。TOWER DOORSは彼の楽曲“SIN/CIRC”を紹介しています。

謎の覆面アーティスト、SOMESEEGAIA(サムシーガイア)。2020年6月にデビューEP『SSG』をリリースしました。Takahiro Uchiboriによるソロ・プロジェクト、Metomeが収録曲“TAMEN”のリミックスで参加するなど、話題の一作です。

Sci-Fi的なサウンドスケープを描く荘厳でダークな電子音に、J-Pop的な心地いい旋律が乗っているのが、SOMESEEGAIAの音楽の特徴です。楽曲によってはエレクトロニカやR&B、ヒップホップなどの要素も混ぜ合わせ、アンダーグラウンドな感覚とインターネット的な感性を通して、J-Popサウンドを世界標準にアップデートさせています。

そんなSOMESEEGAIAの魅力に〈6つの質問〉から迫っていきましょう。

関連アーティスト
TOWER DOORS