ジョルジャ・スミス (Jorja Smith)『Be Right Back』郷愁を帯びた曲と声が織り成す静かなエモーション

2021.07.21

3年前の初アルバム以降も間断なく話題が続くUKの気鋭シンガーによる新EP。インディー・ロックとダブステップを軽やかに往来する“Addicted”、美しいピアノのリフが切なげに響くバラード“Gone”、カル・バンクスとギッティの制作でシェイボーがラップを交えたダンスホール路線の“Bussdown”と、序盤のシングルに代表される尖鋭的だが郷愁を誘う楽曲は、アンニュイな歌声と相まって静かにエモーションを発していく。深みを感じる一枚だ。

関連アーティスト