COLUMN

ギタリストのジョフィア・ボロス、世界各地の風土に根差した選曲で温かくも現代的な視点で演奏した新作『Local Objects』

Zsofia boros (C)Caterina di Perri/ECM Records

境界の音楽と均質化への警鐘

 ジョフィア・ボロスECMから2作目のリリースとなる本作は、『ローカル・オブジェクト』というタイトルの示す通り、世界各地それぞれの風土に根ざした魅力ある作品を集めている。それらの一つ一つは、まるでその場所に暮らす人々の生活や日常における心理的な高揚と安らぎを切り取ったドキュメンタリー・フィルムの映像のようなリリシズムを喚起する。

ZSOFIA BOROS Local Objects ECM New Series(2016)

※試聴はこちら

 核となっているのは、クラシック・ギターのレパートリーとしては古典となったドメニコーニによる《コユンババ》と、クロノス・カルテットヨーヨー・マ、最近ではヒラリー・ハーンがその作品を演奏しているがギターの世界では比較的新鮮なフランギス・アリ=ザデーの《ファンタジー》。《コユンババ》では、音色の色彩感やニュアンスの細部までこだわった歌い込みに魅了される。

 ジョフィア・ボロスは1980年生まれで、この世代のヨーロッパには、それまでの楽器の概念や歴史とは一見分断されたように均一な音色と完璧なテクニックを持つクラシック・ギタリストが大量発生しているのだが、このアルバムでの演奏はそんな風潮にとらわれず、温もりや肌触り、透明な呼吸のおおらかさに満たされている。暖かいだけでなく現代的でソリッドな眼差しも感じさせる。ご本人を存じ上げないのでそれが彼女の意図なのか、プロデューサーであるマンフレート・アイヒャーの意向なのかはわからないが、70年代からECMのギターサウンドを愛してきたリスナーには懐かしく、その美しさが普遍的なものであると確認できる響きの世界がここにはある。

 一曲目のデュプレッシーは最近ヨーロッパのギタリストたちに好まれているフランスのミュージシャン。最後の曲のアレックス・ピンターはウィーン在住のジャズ系ギタリスト。その合間をジスモンチカルドーソアル・ディ・メオラガロートという大きく言えばラテン文化のパッションを持つギタリストの作品が埋める。選曲と構成へのこだわりをとても強く感じる。

ジョフィア・ボロスの2013年作『En Otra Parte』のトレイラー映像
関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop