肌寒さの残るある春の午後。ここはT大学キャンパスの外れに佇むロック史研究会、通称〈ロッ研〉の部室であります。おや、新入生勧誘の準備で部員たちが忙しそうですね。

【今月のレポート盤】

HUNGER Strictly From Hunger Psycho/Now-Again/BBQ(1969)

 

天空海音「チラシのイラストはこれで良いでござるか?」

三崎ハナ「海音ちゃんって絵の才能もあるんだね~! グーだよ、グー!」

鮫洲 哲「うっす! 何だよ、まるでJKみてえにキャピキャピしてやがるなあ」

三崎「あ、テツ先輩! まさか2度目の留年ですか?」

鮫洲「ちゃんと卒業したっつうの! 忘れ物を取り来たんだよ。そういうハナこそ、まさかの会長就任らしいな!」

三崎「てへへ、成り行きで」

鮫洲「それじゃ、新会長、これでも聴いてしっかり勉強しろよ!」

天空「おろ、ハンガーが69年にリリースした唯一のアルバム『Strictly From Hunger』でござるな」

三崎「ハンガー? ハナは全然知らないな~」

鮫洲「おいおい、LAサイケを代表する重要バンドの名盤じゃねえか! 20年近く廃盤状態だったけど、各メディアの60sサイケ特集なんかじゃ必ず紹介されている一枚だぜ」

天空「確かにその筋では有名なアルバムでござるが、サイケ村から一歩出たら知名度は皆無に等しいので、ハナ先輩が知らなくても問題ないでござるよ」

鮫洲「いや、そんなことはねえ! ロッ研の会長ならマストだろ!」

三崎「と、とりあえずお茶でも飲みながらみんなで聴いてみましょうか」

鮫洲「おうよ! 今回のリイシューはオリジナル版に加え、よりファズが強めで荒々しい仕上がりの激レアなテスト・プレス版と、シングルや別エディットをまとめたボーナス・ディスク付きの3枚組仕様なんだぜ!」

天空「彼らはもともとポートランド出身の6人組で、本作には後にレイナード・スキナードへ加入する敏腕ギタリスト、エド・キングが参加しているのもミソでござる。ちなみにドラマーのビル・ダファーンは、何を隠そうキャプテン・ビヨンドの2代目シンガー、ウィリー・ダファーンと同一人物でござるよ」

三崎「ニッチな情報ありがとう。それにしても、妖しく鳴り響くオルガンが思いきり前面に出ていますね~。ドアーズみたい!」

鮫洲「お、意外とわかってるじゃねえか。ドアーズはLAの先輩バンドだからな。でもよ、ウネるようなオルガンのフレーズだけじゃなく、ファズ・ギターのリフも奇抜だし、ヴォーカルの語尾がエコー処理されているのも特徴的で、このグループならではの魅力を感じるぜ」

三崎「ヘヴィーな部分もあるけど、全体的にはポップで聴きやすいです!」

天空「どことなく陰りのあるサウンドと哀愁漂うメロディーには、同時期の日本で花開いていたグループサウンズにも通じる叙情性があるでござる」

三崎「確かにこの湿った感じは日本のバンドみたいだね!」

鮫洲「あとよ、当時のサイケってドラッギーな即興演奏を垂れ流したような長尺ナンバーが多いなか、ハンガーの曲はどれもコンパクトにまとまっているのが潔いだろ?」

三崎「それってフレーミング・リップスやポンド、ワンドとかの現代のサイケ・ポップに近いですよね。よく見るとルックスもテンプルズみたいでオシャレ!」

天空「ただし、最近のバンドはエフェクトなどのギミックに頼ってプロダクションを優先する傾向が強いのに対して、ハンガーはもっと直球なメロディー重視でござるよ」

三崎「なるほど~。そのあたりも日本人好みな感じだよね。いまデビューしたらGLIM SPANKYのライヴァルみたいな位置付けになるんじゃないかな~」

鮫洲「ほらみろ、ハナもすっかり気に入りやがったな。会長ならハンガーくらい聴いてなきゃダメだって言っただろ」

三崎「はい! ハナは目が覚めた思いです!」

鮫洲「そもそもロッ研の会長ってもんは……」

天空「あれ、鮫洲先輩は会長じゃなかったでござるよね?」

三崎「はっ! そういえば!!」

 遠い目をしたまま動かなくなってしまった鮫洲ですが、同連載の出席回数がもっとも多いのはこの男なのであります。それって会長を務めるのと同じくらい誇るべきことですよ。5年間お疲れ様でした。 【つづく】

 

ハンガーの『Strictly From Hunger』と並べて聴きたい作品たち

THE DOORS The Doors Elektra(1967)

ドアーズやジェファーソン・エアプレインら西海岸のサイケ・バンドに憧れ、LAへ移住したハンガー。オルガンを主軸とする演奏スタイルは、まさにドアーズそのままって感じだぜ! けどよ、2本のギターと複声コーラスによる分厚いサウンドは、4人組のドアーズとは異なる6人編成ならではの強みだよな! *鮫洲

 

CAPTAIN BEYOND Dawn Explosion Warner Bros.(1977)

ディープ・パープルの初代ヴォーカリスト=ロッド・エヴァンスが結成したバンドなんだが、天空の言う通りこの3作目で歌っているのはハンガーのメンバーだ。音楽性はだいぶ違い、こっちはコズミックなハード・ロックだけどな。それにしてもドラマーからシンガーへの転身って思い切ったよな。 *鮫洲

 

TEMPLES Volcano Heavenly/HOSTESS(2017)

ルックスのみならず、陰影のはっきりしたガレージ・サイケなサウンドを取っても両者は似ているでござるよ。というのも、ハンガーの意外なほどポップなメロディーはビートルズやバーズを意識しているように思えてならないのでござるが、テンプルズもその2組の遺伝子を継承しているでござるからな。 *天空

 

ザ・タイガース 1968-1971: BLUE DISC ユニバーサル(2013)

グループサウンズには同時代の洋楽のモードを換骨奪胎的に採り入れていたバンドが多かったので、ガレージやサイケなナンバーもたくさんあるでござるよ。ブームを牽引したタイガースも後期にはサイケ調の曲があるでござるし、何より歌謡曲風の泣きメロがハンガーに通じるでござる。 *天空

 

TY SEGALL Freedom's Goblin Drag City/SIGNS & SYMPTOMS(2018)

初めて聴いたとは思えないほど『Strictly From Hunger』が耳に馴染んだのは、ハナの好きな西海岸のサイケ・ガレージ番長、タイ・セガールに似ているからかな。歌メロのキャッチーさはもちろん、この新作では得意のファズ・ギターに加えてオルガン入りの曲もあるしね! *三崎

 

部室に置かれたキャンパス・ノートを覗き見しちゃいましょう!

BATTRE LYSS Till Den Strang Som Brast An Att Aldrig Spanna En Bage Musiklaget/Smmor/ritmo calentito(1975)

 愛すべき後輩諸君に最近のオススメCDを紹介するぜ。俺にとってこれが最後の連絡ノートになるから、きっちり心に刻めよ! まずはハンガーからのサイケ繋がりで、超マイナーなスウェディッシュ・バンド、ベットレ・リスによる75年の唯一作『Till Den Strang Som Brast An Att Aldrig Spanna En Bage』(Musiklaget/Smmor/ritmo calentito)を。ピアノやサックス、フルートなども交えたジャジーでメランコリックなサウンドは、サイケ・ロックとプログレの中間って感じで、スウェーデン語の奇妙なヴォーカルが独特のローカル・ムードを醸し出しているのもおもしろいじゃねえか。

 

KLAUS SCHULZE Irrlicht Ohr(1972)

 お次はクラウトロックの重鎮、クラウス・シュルツェが72年に放った初のソロ・アルバム『Irrlicht』(Ohr /Brain/MARQUEE/BELLE ANTIQUE)。シュルツェと言えばシンセで有名だが、本作ではオルガンやギター、発振器によって異様なほど暗く重いサウンドを展開しているんだよ。覚めない悪夢のようなこのインナーマインド・ミュージックを、〈サイケの極北〉と表現してもいいだろう。

 

VARIOUS ARTISTS La Contra Ola: Synth Wave And Post Punk From Spain 1980-86 Bongo Joe/ritmo calentito(2018)

 続いての『La Contra Ola: Synth Wave And Post Punk From Spain 1980-86』(Bongo Joe/ritmo calentito)は、スペインのシンセウェイヴ/ポスト・パンクに焦点を当てたコンピレーションだ。ほとんどが未知のバンドなだけに嬉しい発見の連続だし(なかにはチューン・ヤーズやキャベッジみたいなグループも!)、混沌とした時代の自由な雰囲気が充満しているのも最高だぜ。

 

SEATRAIN Seatrain Capitol/ユニバーサル(1970)

 ……と、ここまで暗めの辺境モノが続いたんで、最後くらいは爽やかに締めるか。初の日本盤化となるUSのカントリー・ロック・バンド、シートレインの70年作『Seatrain』(Capitol/ユニバーサル)は、あのジョージ・マーティンがプロデュースを買って出た作品だな。土臭いだけじゃなく、ソウルやジャズの要素も採り入れた洗練味たっぷりの音作りは流石の一言。それじゃあ、ロッ研の未来はお前らに託したぜ。あばよ! *鮫洲 哲