ジャズピアニストでありながらメタルファンとしても知られる西山瞳さんによる連載〈西山瞳の鋼鉄のジャズ女〉。今回は、バリバリのメタル作品、というわけではありませんが、HR/HMの影響を多分に受けたであろう二人組ロックユニット、ザ・リーサルウェポンズのメジャーファーストアルバムを取り上げます。『アイキッドとサイボーグジョー』は昨日2月23日にリリースされ、好評発売中です!  *Mikiki編集部

★西山瞳の“鋼鉄のジャズ女”記事一覧


 

年明けから80年代HR/HMばかり聴いています。

先月のこの連載は、Netflixドラマ「コブラ会」で使われている80年代楽曲について

そして、タワレコ企画盤『DEFINITELY METAL - 80’s HR/HM EDITION』の記事と続き、80年代HR/HMづくしでしたが、今月は、この令和4年に投下される最強80年代キラキラサウンドの新譜をぜひ取り上げたい。

ザ・リーサルウェポンズのメジャーファーストアルバム『アイキッドとサイボーグジョー』です。

 

「これはメタル括りではないとは思うのですが、根底に80年代HR/HMが横たわっているということで、ぜひここで取り上げたいのですけど」と編集さんに伝えたら、「ぜひとも取り上げたいけど、扱うべきコーナーがないのでちょうど良かったです!」とのこと。

でしょうね!

 

私が最初に出会ったのはこちらです。

知る人ぞ知る、中野区は都立家政のメタルスポット、ブックマート都立家政店のオリジナルソングPV。

 

遡ること2016年、新宿のロックバーでのメタルのイベントで、ぎゅうぎゅうに混雑した店内に息苦しくなって店の外の階段踊り場に空気を吸いに出たら、先客に金髪のお兄さんがいました。

高円寺メタルめし店主が共通の知り合いということで話が盛り上がり、そのお兄さんは都立家政でブックマートという古書店をやっているとのことが判明。

なんだか面白そうだなと後日お店を訪ねてみると、古書店なんですが明らかに様子がおかしい。なんと形容してよいやら、扱うものは本やCDだけでなく、メタルTシャツや楽器、おもちゃ、楽器、ブッダマシーンまである。そしてメタル推しなんです。それも、イングヴェイとかハロウィンとかそっち系の。ブックオフとハードオフとヴィレッジヴァンガードが都立家政味と店長味に染まったという感じですかね、カオスで面白いんですよ。

 

それからほどなくしてお店のPVが完成したと告知があり、観たのが上記PV。

80年代HR/HMを下敷に作られた楽曲に、謎の歌手、観た人の記憶に残りまくる謎のPV、癖になって何度観たでしょうか……。もう、関西人が〈関西電気保安協会〉を普通に言えないのと同じように、〈都立家政のブックマート〉を普通に言えなくなってしまいました。

 

そうこうして、都立家政ブックマート店の常連客で、先のPVの制作を行ったアイキッドと、歌声を披露していたサイボーグジョーによってザ・リーサルウェポンズが爆誕。2019年に突然“80年代アクションスター”という楽曲のMVが投下され、あのMVを観ていた人はみな同じく〈まじか!〉と思ったことでしょう。

あれ以降も彼らのことはまめにチェックしていましたが、以前よりシンセのサウンドを分厚くし、80年代感を大幅増量。ギターのサウンドも好きですが、シンセの効いたあまりに懐かしいキラキラサウンドにこちらの笑顔も大幅増量です。スタローンもエクスペンダブルズも好きですし(エクスペンダブルズのDVD全部持っていて疲れた時に観てます)。

そして、シングルやEPのリリースを挟み、ついに今年、メジャーファーストアルバム『アイキッドとサイボーグジョー』がリリースされることとなりました。都立家政からよくぞここまで……と言っても、メジャーに行ったから垢抜けたなどということは全くなく、全国区どころか圧倒的都立家政感のまま全国に出てしまった。さっき書いた〈80年代HR/HMを下敷に作られた楽曲に、謎の歌手、観た人の記憶に残りまくる謎のMV〉は同じで、80年代感はよりアッパーになり、カラフルごった煮カオスで最高なファーストアルバムとなっています。

ザ・リーサルウェポンズ 『アイキッドとサイボーグジョー』 ソニー(2022)

そんな『アイキッドとサイボーグジョー』の中から何曲か見ていきましょう。

 

3. “川中島の戦い”

まずはこの一曲を。

アルバムの中で最も鋼鉄系の曲作り。ギターのサウンドもカッコよく、イケてるソロもあって一番勇壮なんですけど、歌詞つきのMVを観ながら聴いていると、意味分からなさすぎて笑ってしまいます。兵!

 

4. “さよならロックスター”

明るく鳴り響くオーバーハイム・サウンド・オマージュのシンセブラス、お洒落なコード進行のAメロ、令和になってこんな景気の良いサウンドを新譜で聴けるとは思いませんでした。

〈エディが亡くなって49日、酒を絶って作った曲です。音楽家としてすごいなと尊敬しています。〉(アイキッドのコメントより)

 

5. “半額タイムセール”

とりあえずMVを観て下さい。豪華出演陣! ええ、「オレたちひょうきん族」も「風雲たけし城」も観てましたよ。この2番組も80年代ですね。

しかしこの曲、2番までやってからハーフテンポになってコールアンドレスポンス、それにギターが被ってきて加速させて、みんなで絶叫するまでの一連の流れとか、ライブで観客のハートを掴む仕掛けが本当によくできていて、プロの仕事を感じます。

 

7. “デンジャーゾーン”

映画「トップガン」の続編「トップガン マーヴェリック」がもうすぐ公開されるので、映画館で観る時に絶対この二人が頭をよぎって笑ってしまうと思います。

MVを観ていると、かつてのボキャブラ天国を思い出します。

 

9. “94年のジュニアヘビー ~ザ・スコア~”

ジャズファンの中にはプログレを聴いている方も多いので、ここは注目して欲しい。

エマーソン・レイク&パウエルの86年作(『Emerson, Lake & Powell』)の1曲目“The Score”です。プログレっていくら曲が明るくても、展開が多いので難しい印象があるじゃないですか。これは素晴らしいカバーだと思います。プロレスへの敬意を歌詞に乗せて、ザ・リーサルウェポンズらしい明るいサウンドと懐かしさでアクセルベタ踏みする感じ。このキラキラ前進力、大好きです。

 

13. “ポンズのテーマ”

これ、ネタが全部わかってしまうのは、私がもう前時代出身ってことですね(笑)。

 

15. “昇龍拳が出ない feat.カプチューン”

2020年のEPにも一度収録されていますが、今回はカプコン公式バンド〈カプチューン〉とコラボ。とってもカッコよくオリジナルなものになっています。この編成でライブで聴きたい。

 

ザ・リーサルウェポンズは、どの曲も合いの手イズムが完全にメタルのライブと同じで、観客目線で一緒に盛り上がれるように曲作りをしているのをビシビシ感じます。

ザ・リーサルウェポンズの公式YouTubeチャンネルにライブ映像が少しあるのですが、もうお客さんも最高です。この一体感、体験してみたいなあ。

コロナ禍初期に、都立家政のブックマート店内から生配信ライブをしていたのを私もリアルタイムで観ていたのですが、世の中の気分が落ち込んできている時にとても楽しい時間でした。

寒いし感染状況も落ち着かず、なかなか外に出れないこの時期。パーティー感特盛のこのアルバムは、お家でハッピーな気持ちになれるはず。とにかく楽しいのでぜひ聴いて下さい。

 


LIVE INFORMATION
■西山瞳
2022年3月4日(金)東京・池袋Apple Jump(電話03-5950-0689)
開場/開演:18:30/19:00(50分2ステージ/21時閉店/酒類の提供は20時まで)
デュオ:西山瞳(ピアノ)/牧山純子(バイオリン)

2022年3月13日(日)東京・小岩COCHI(電話03-3671-1288)
開演:20:00(2セット)
デュオ:西山瞳(ピアノ)/maiko(バイオリン)
ミュージックチャージ:2,800円

2022年3月19日(土)埼玉・蕨Our Delight(電話048-446-6680)
開演:18:30
ツインピアノ:西山瞳 with 橋本一子
料金:4,000円(※配信あり)

★各ライブに関する詳細はこちら

 

RELEASE INFORMATION
西山瞳トリオ、7年ぶりスタジオアルバム『コーリング』発売中!

西山瞳トリオ 『コーリング』 MEANTONE RECORDS(2021)

リリース日 :2021年9月15日(水)
価格:2,970円(税込)
レーベル:Meantone Records
西山瞳(ピアノ)、佐藤“ハチ”恭彦(ベース)、池長一美(ドラムス)

TRACKLIST
1. Indication
2. Calling
3. Reminiscence
4. Lingering In The Flow
5. Etude
6. Loudvik
7. Drowsy Spring
8. Folds of Paints

 


PROFILE: 西山瞳

1979年11月17日生まれ。6歳よりクラシックピアノを学び、18歳でジャズに転向。大阪音楽大学短期大学部音楽科音楽専攻ピアノコース・ジャズクラス在学中より、演奏活動を開始する。卒業後、エンリコ・ピエラヌンツィに傾倒。2004年、自主制作アルバム『I’m Missing You』を発表。ヨーロッパジャズファンを中心に話題を呼び、5か月後には全国発売となる。2005年、横濱ジャズ・プロムナード・ジャズ・コンペティションにおいて、自己のトリオでグランプリを受賞。2006年、スウェーデンにて現地ミュージシャンとのトリオでレコーディング、『Cubium』をSpice Of Life(アミューズ)よりリリースし、デビューする。2007年には、日本人リーダーとして初めてストックホルム・ジャズ・フェスティバルに招聘され、そのパフォーマンスが翌日現地メディアに取り上げられるなど大好評を得る。

以降2枚のスウェーデン録音作品をリリース。2008年に自己のバンドで録音したアルバム『parallax』では、スイングジャーナル誌日本ジャズ賞にノミネートされる。2010年、インターナショナル・ソングライティング・コンペティション(アメリカ)で、全世界約15,000エントリーの中から自作曲“Unfolding Universe”がジャズ部門で3位を受賞。コンポーザーとして世界的な評価を得た。2011年発表『Music In You』では、タワーレコード・ジャズ総合チャート1位、HMV総合2位にランクイン。CDジャーナル誌2011年のベストディスクに選出されるなど、芸術作品として重厚な力作であると高い評価を得る。2014年には自己のレギュラー・トリオ、西山瞳トリオ・パララックス名義での2作目『シフト』を発表。好評を受け、アナログでもリリースする。2015年には、ヘヴィメタルの名曲をカバーしたアルバム『New Heritage Of Real Heavy Metal』をリリース。マーティ・フリードマン(ギター)、キコ・ルーレイロ(ギター)、YOUNG GUITAR誌などから絶賛コメントを得て、発売前よりメタル・ジャズ両面から話題になり、すべての主要CDショップでランキング1位を獲得。ジャンルを超えたベストセラーとなっている。同作は『II』(2016年)、『III』(2019年)と3部作としてシリーズ化。2019年4月には『extra edition』(2019年)もリリース。

自己のプロジェクトの他に、東かおる(ボーカル)とのボーカルプロジェクト、安ヵ川大樹(ベース)とのユニット、ビッグバンドへの作品提供など、幅広く活動。横濱ジャズ・プロムナードをはじめ、全国のジャズフェスティバルやイベント、ライブハウスなどで演奏。オリジナル曲は、高い作曲能力による緻密な構成とポップさの共存した、ジャンルを超えた独自の音楽を形成し、幅広い音楽ファンから支持されている。