連載

【PEOPLE TREE】FOO FIGHTERS 『Sonic Highways』 Part.1―活動開始から20年、彼らは未来へと続くハイウェイを走り出した

フー・ファイターズ――この物語の始まりはデイヴ・グロールにとってあまりにも悲しいものだった。圧倒的な喪失感を打ち消すように、ひとり黙々と音作りに没頭する日々。しかし、やがてそこに仲間が集まり、バンドはアメリカン・ロックを代表する存在へと成長する。活動開始から丸20年、初の全米1位を記録した前作も追い風に、いま彼らは未来へと続くハイウェイを全速力で走り出した。過去は忘れたのかって? いや、だけど振り返ってばかりもいられないんだよ!

 

(C)RINGO

 

 フー・ファイターズのニュー・アルバム『Sonic Highways』は、全米8つの都市で1曲ずつレコーディングし、同時に各地にまつわるさまざまな音楽の歴史を訪ねながら計8本のドキュメンタリー番組も撮ってしまうという、ビッグ・プロジェクトとなった。シリーズ第1話〈シカゴ編〉を観ただけでも、今作に込められた音楽――とりわけアメリカーナ・ミュージックに対する愛と情熱の量が途方もないものであることは、すぐわかるだろう。まもなくデビュー20周年を迎えるフー・ファイターズは、いったいなぜこれだけのことをやり遂げるに至ったのか、彼らの足跡を大まかに辿りながら考えてみたい。

FOO FIGHTERS Sonic Highways RCA/ソニー(2014)

 これまでバンドの歴史について語る時は常に、デイヴ・グロールがかつて在籍したニルヴァーナのことをどう扱うか、という課題に向き合わざるを得なかった。だが、個人的には、おそらくそれも今回が最後になるような気がしている――。

 

過去の話はもういいだろう

 デイヴが一人でデビュー作『Foo Fighters』(95年)を完成させた後、バンド体制で作り上げた2作目『The Colour And The Shape』(97年)が各方面から高い評価を受け、3作目『There Is Nothing Left To Lose』(99年)と4作目『One By One』(2002年)で立て続けにグラミー賞を獲得するなど、メンバーこそ流動的ながらも着実にキャリアを積み重ねてきたフー・ファイターズ。すでに10年ほど前には〈ここまで輝かしい実績を築き上げてきた彼らに、もう過去の話を持ち出す必要はないだろう〉という空気を感じたりもした。ところが逆に、結成直後にはニルヴァーナの話題を避ける傾向を見せていたデイヴが、この頃からみずから過去へ踏み込んでいく行動に出はじめたのだ。

【参考動画】フー・ファイターズの99年作『There Is Nothing Left Lose』収録曲“Learn To Lose”

 

 まずはデビュー10年目となる2005年、初めて前作と同じ顔ぶれのメンバーで5作目『In Your Honor』を完成させた時のこと。同作にはニルヴァーナ在籍時に書かれたという “Friend Of A Friend”が収録されている。

 そもそもデイヴがニルヴァーナに加入したのは、所属していたバンドがツアー先で空中分解して行き場をなくした際、知人のバズ・オズボーンメルヴィンズ)に勧められたことがきっかけだったという。単身シアトルへ流れ着いた彼は、しばらくカート・コバーンの家に居候することとなったが、その住居は凄まじい汚さ。なおかつ無口なカートは、一日中ほとんど喋らずに過ごすことも多かったそうだ。そんなナーヴァスなカートのキャラクターにデイヴがついていけたのは、決して他に選択肢がなかったからだけではないはず。互いにバンド内で特別な何かが生まれそうな予感を得ていたのみならず、表向きは対照的な2人の性格にも、根底では共通する何かがあったのだと思う。ちなみに、それぞれの母親が後年に対面した際、「カートとデイヴはまるで双子のようだった」と証言している。ともあれ、奇妙な同居生活中にデイヴはカートのアコースティック・ギターを借りて曲を作った。そのうちの1曲が“Friend Of A Friend”だ。〈友人であるバズの友人=カート〉ということだろう。偶然だと思うが、歌詞には〈彼はネヴァーマインドと言った〉なんていうフレーズまで出てくる。

 

 

 2枚組の大作『In Your Honor』のうちアコースティックな側面を出したDisc-2は、単なるアンプラグド・スタイルではなく、ノラ・ジョーンズとのデュエットや、ジョン・ポール・ジョーンズがマンドリンやピアノを弾く楽曲などをフィーチャーしており、バンドに音楽的な幅を広げる機会をもたらした。そして、そのDisc-2で展開したサウンドをライヴで再現するため、フー・ファイターズはサポート・プレイヤーを迎えた8人編成でツアーを行う。その模様は『Skin And Bones』という形で2006年に作品化されているのだが、そこで彼らはニルヴァーナのシングル“Heart Shaped Box”のカップリングとして世に出た“Marigold”も披露。客席から〈あっ、ニルヴァーナのナンバーを演っている!〉というざわめきが起こるのを承知で、デイヴは前述したシアトル移住時のエピソードをMCで朗らかに語りはじめたのだった。その姿を実際に新宿厚生年金会館で目の当たりにした時には、何とも感慨深い気持ちになったことをいまでもよく覚えている。

【参考動画】フー・ファイターズによるニルヴァーナ“Marigold”の2009年のライヴ映像

 

 

 

夢を取り戻すために

 以降の約10年間、デイヴ・グロールは実にさまざまなことをやってのけた。まず2006年の夏には、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジジュリエット・アンド・ザ・リックスといった仲間と共にロンドンのハイドパークで8万人を集める大型イヴェントを実現し、クイーンブライアン・メイロジャー・テイラーモーターヘッドレミーとも共演する。さらに、本隊の2007年作『Echoes, Silence, Patience & Grace』でまたしてもグラミー賞を獲得。8人編成をそのまま引き継いだ体制で同作のツアーを行い、2008年にはワンマンでウェンブリー・スタジアム2夜公演を完全ソールドアウトさせた。ちなみに、こちらではレッド・ツェッペリンジミー・ペイジジョン・ポール・ジョーンズがゲストで登場している。その流れからデイヴは2009年、御大ジョンジーにQOTSAのジョシュ・オムを加え、ゼム・クルックド・ヴァルチャーズを始動させた一方、その間しばし休憩中なはずのフー・ファイターズとしても初のベスト盤『Greatest Hits』をリリース。ここに収録された新曲のプロデュースを、ニルヴァーナ『Nevermind』を手掛けたブッチ・ヴィグに任せるなど、次作への準備を密かに進めるのであった。

【参考動画】ゼム・クルックド・ヴァルチャーズの2009年作『Them Crooked Vultures』収録曲
“No One Loves Me And Neither Do I” ライヴ映像

 

 やがて、一時はバンドを離れるも、ツアーで8人編成となった際に出戻ってきたパット・スメア(彼は後期ニルヴァーナの一員でもある)を正式に復帰させ、5人編成に生まれ変わったフー・ファイターズは、ヴィグに全面プロデュースを委ねて7作目『Wasting Light』(2011年)を発表。この時のレコーディング風景を同時進行で捉えながら、バンドが歩んできた道のりを遡るドキュメンタリー映画「Back And Forth」も作り上げた。まさに〈フー・ファイターズ新章突入!〉という雰囲気がビシビシと伝わってきたのだが、ツアー終了後、デイヴはバンド活動をいったん脇に置き、今度はLAにあった伝説的なスタジオについてのドキュメンタリー映画「Sound City: Real To Reel」(2013年)を製作。同スタジオに縁のある多くの大物ミュージシャンをスクリーンに登場させ、彼らとのセッションを収めたサントラ盤まで作ってしまう。参加したのは、スティーヴィー・ニックスリック・ニールセンチープ・トリック)、コリィ・テイラースリップノット)、トレント・レズナーナイン・インチ・ネイルズ)など。なかでも(サウンド・シティに関係ないはずの)ポール・マッカートニーを迎え、元ニルヴァーナのクリス・ノヴォセリックやパットと共に、あたかも亡きカートの代わりに左利きのギタリストを据えたかのような編成で“Cut Me Some Slack”という曲を作り上げたハイライト・シーンは、世界中を仰天させた。

【参考音源】2013年のドキュメンタリー映画「Sound City: Real To Reel」のサントラ収録曲
“Cut Me Some Slack”

 

 そして、決定的な出来事は今年、ニルヴァーナがロックの殿堂入りした際のセレモニーで起きた。デイヴはクリス&パットとニルヴァーナの曲を演奏し、ジョーン・ジェットキム・ゴードンセイント・ヴィンセントロードといった女性シンガーが交替で歌っていくというパフォーマンスを披露。するとその現場で、犬猿の仲として知られるコートニー・ラヴ(カート夫人)と、ついに和解を果たしたのだ。かくして、デイヴ・グロールの人生にのしかかる重い過去は、とうとうすべて片がつけられた。未見だが、『Sonic Highways』のドキュメンタリー・シリーズ第7話〈シアトル編〉では、ニルヴァーナとして最後のレコーディングを行い、たった一人でフー・ファイターズのファースト・アルバムを完成させたロバート・ラング・スタジオに、新たなバンドを引き連れたデイヴが再訪することになっているようだ。そこでおそらく〈悲劇的な形で奪われた夢を取り戻すためのバンド活動〉に、一つのピリオドが打たれるのだろう。

【参考動画】フー・ファイターズの2014年作『Sonic Highways』収録曲“Something From Nothing”

 

 今後どうして生きていったらいいのかもわからないまま、音楽にすがるように一人きりで始めたフー・ファイターズは、一切妥協せず自分にとって理想のバンドを実現させるべく奮闘していくデイヴ・グロールの新しい人生となった。そして、ついにバンドが最高の状態に成長した現在、これから何をしていくべきか、『Sonic Highways』の制作を通じて自然に思い至るところがデイヴにはあったのだと思う。彼らが今回、祖国アメリカが生んだ音楽の伝統を探訪し、大いに刺激を受けながら楽曲を一つ一つ形にしていくというやり方を選んだのは、ミッションというほど大袈裟なものではないかもしれないが、やはりなすべきことだったのだろう――ニュー・アルバムを聴き終えた時、そう多くのファンが納得しつつ、感嘆させられるに違いない。

 

▼フー・ファイターズの作品
左から、ベスト盤『Greatest Hits』、2006年のライヴ盤『Skin And Bones』(共にRCA)
※ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

タグ
関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop