梅雨入り前だというのに、強い雨が音を立てて降り注ぐ荒天の放課後。ここはT大学キャンパスの外れに佇むロック史研究会、通称〈ロッ研〉の部室であります。おや、いかり肩を濡らした大柄な男が、部室の扉を勢いよく開けましたが……。

 

【今月のレポート盤】

SOUNDGARDEN Ultramega OK SST/Sub Pop/BIG NOTHING(1988)

野比甚八「てやんでえ、ひでえ土砂降りだな!」

三崎ハナ「ノビ君、びしょびしょだよ! ハンカチしか持っていないけど、貸そうか?」

野比「お構いなく! それよりもこんな天気にお似合いのCDを入手したんで、皆で聴きこうじゃねえですか!」

キャス・アンジン「あら、サウンドガーデンが88年に発表したデビュー作『Ultramega OK』ね。しばらく廃盤だったと思うけど、リイシューされたの?」

野比「そうなんすよ! しかも、メンバーはオリジナル・ミックスにずっと不満だったらしく、このたび望んでいたジャック・エンディノによる再ミックスがようやく叶ったっていうんだから、めでたい限りじゃねえですか!」

三崎「ジャック・エンディノってニルヴァーナの『Bleach』を手掛けたグランジ界の名エンジニアだよね! それは信頼できるね!」

アンジン「そうね。だけど、ハナ、何も〈グランジ=ニルヴァーナ〉ってわけじゃないのよ」

三崎「そうですけど……でも〈グランジの顔〉と言えば、やっぱりニルヴァーナじゃないですか!」

野比「ごもっとも! ただ、キャスさんの言いたいこともよくわかりますぜ。クラウド・ナッシングスが登場して以降、その手の新人の引き合いに出されるバンドってなぜかニルヴァーナとダイナソーJrばかりですから」

アンジン「80年代末から90年代前半にかけて人気のあったグループは、他にもいるのにね。でも、近年のグランジ・リヴァイヴァルの中で彼らが顧みられることはほとんどないわ」

三崎「確かに! サウンドガーデンすらハナはスルーですもん! よし、この機会にちゃんと聴いてみます!」

野比「いいっすね。アッシがお茶を煎れますんで、ごゆるりと」

三崎「あっ、いきなりカッコイイ! 重くて地を這うようなビートと尖がったギターがグルグルとトグロを巻いているようだね! クリス・コーネルのこねくり回すようなヴォーカルも存在感たっぷり!」

野比「70年代のハード・ロックにパンク魂を注入したテイストで、とことんダーティーっすよね」

アンジン「新しいミックスは、オリジナルよりも各パートが分離していて鮮明ね。そのせいか、全体のサウンドがよりダイレクトに響いてくるわ」

野比「彼らは早くも翌89年にメジャー・デビューするわけで、グランジ勢では初の快挙なんすよ」

三崎「えっ!? ハナはてっきりニルヴァーナかと思っていたよ!」

野比「まあ、サウンドガーデンが本格的にブレイクするのは、ニルヴァーナやパール・ジャムら地元シアトルの後進バンドが世界的な成功を収めた後っすからね」

アンジン「ムーヴメントの狂騒に流されず、着実に自分たちのサウンドを進化させていったからこそ、彼らは正当かつマジョリティーな人気を得たのだと思うわ」

野比「その通りっすね。同じようにグランジ・ブームに揉まれつつ己の道を貫いたバンドって、スクリーミング・トゥリーズやL7、アージ・オーヴァーキルとか、多彩な連中がたくさん存在したんですけどね~」

三崎「ノビ君は知識が豊富だね! ハナはメモを取ることにするよ!」

アンジン「あら!? これってサブ・ポップからのリイシューなのね」

野比「お目が高い! もともとはブラック・フラッグのグレッグ・ギンが主宰していたSSTからのリリースですが、今回はサウンドガーデンが初めて7インチを出した古巣のサブ・ポップからなんすよ。それってUSオルタナ・ファンならばグッと来るトピックですぜ」

三崎「それはロマンを感じるね! てか、2人とも詳しすぎ! 実は40代なんじゃ?」

キャスと互角に渡り合える1年生の加入は頼もしい限り。ハナちゃんもがんばってください。 【つづく】

 

サウンドガーデンの『Ultramega OK』と並べて聴きたい作品たち

BUFFALO TOM Let Me Come Over Situation Two/Beggars Arkive(1992)

良いバンドなのに忘れ去られている感があったなか、この代表作が未発表のライヴ音源を加えてリイシューされたのは喜ばしいわ。88年のデビュー盤はJマスキスのプロデュースなんだけど、本作でもダイナソーJrに通じる渋く骨太なサウンドが魅力ね。 *アンジン

 

CAR SEAT HEADREST Teens Of Denial Matador/HOSTESS(2016)

サウンドガーデンとの仕事でも名高いスティーヴ・フィクスがプロデュースを手掛けた、シアトルの後輩バンドによる最新作。がさつな轟音ギターはモロに『Ultramega OK』を思わせるっすね。なお、UKのアマゾンズはA&M移籍後のサウンドガーデンっぽいので、聴き比べるのも一興。 *野比

 

ROYAL BLOOD Royal Blood WM UK(2014)

もっともサウンドガーデンの正統後継者ぶりを発揮している若手っつったら、やっぱりコイツらっすよね! 重量級の爆音ロックンロールな演奏もさることながら、ヴォーカルが意外とメロディアスな部分も通じるっす。リリースを間近に控えたセカンド・アルバムや〈サマソニ〉のステージも期待大! *野比

 

BLACK SABBATH Black Sabbath Vertigo(1970)

サウンドガーデンの音は、重々しくてメタリックなギター・リフと、納豆みたいに粘り気のあるリズムが印象的だね! で、ハナが真っ先に思い浮かべたのは、ブラック・サバスとレッド・ツェッペリン! グランジってガレージやハードコアと混同されがちだけど、ハード・ロックの要素も見逃せないっぽいね! *三崎

 

THE AFGHAN WHIGS In Spades Sub Pop/BIG NOTHING(2017)

サブ・ポップ経由でメジャー入りするも、セールス的に失敗したグランジ・バンドは多くいたわ。彼らもそう。だけど、この界隈では珍しく黒人音楽から強く影響を受けたサウンドが個性的で、再評価されてほしいわね。3年ぶりとなるこの新作でも、ソウルフルな歌声が健在で頼もしいわ。 *アンジン

 

部室に置かれたキャンパス・ノートを覗き見しちゃいましょう!

RHEAD BROTHERS Black Shaheen EMI/Preservation(1978)

 おもしろそうなノートを発見したんで、アッシもちょいと最近のオススメCDのことなんぞ書かせていただきやす。まずはUKのブルーアイド・ソウル・デュオ、リード・ブラザーズの78年作『Black Shaheen』(EMI/Preservation)から。当時、諸事情で蔵入り寸前だったところを、ごく少数だけが市場に出回っていたという幻の逸品で、とことんメロウ&グルーヴィーな好曲だらけの内容は極上の一言。スティーリー・ダンのカヴァーもあったりして、AORファン垂涎な初CD化のブツですぜ。

 

HAIRCUT 100 Paint And Paint: Deluxe Edition Polydor/Cherry Pop/BAD FEELING(1984)

 お次も2枚組の拡張版で初CD化された、ヘアカット100の84年作『Paint And Paint: Deluxe Edition』(Polydor/Cherry Pop/BAD FEELING)。82年にデビュー盤『Pelican West』でブレイクしたものの、ニック・ヘイワード(ヴォーカル)の脱退を受けて大コケした2作目……と侮るなかれ。ライトなダンス・ポップとして楽曲の完成度は抜群に高いっす。ファンキーさが薄れたぶん、メロディーの良さが増しているのもミソで、残されたメンバーの奮闘が目に浮かびやす。

TWENTY SIXTY SIX AND THEN Reflections On The Future United Artists/MARQUEE(1972)

 続いてはドイツ産ハード・ロック屈指の名盤、トゥエンティ・シックスティ・シックス・アンド・ゼンによる72年の唯一作『Reflections On The Future』(United Artists/MARQUEE)。リリースから45周年を記念して、ライヴやセッション音源を加えた2枚組仕様で甦りやしたぜ! 英独混合の凄腕メンバーが繰り出すジャジーかつヘヴィーな個々の演奏と、メロトロンも導入した分厚いアレンジは、プログレ好きにもアピール可能。曲によっては超グルーヴィーで、クラブでも流せそうっす。

BOBBY DARIN,JOHNNY MERCER Two Of A Kind: Expanded Edition Atco/ADA(2017)

 最後は稀代のエンターテイナー、ボビー・ダーリンが名匠ジョニー・マーサーと共演した61年作のリマスター盤『Two Of A Kind: Expanded Edition』(Atco/ADA)。ゴージャスなオーケストラを従え、洒脱なクルーナー・ヴォイスで歌うダーリンの魅力が炸裂ですぜ。特に高速ロッキン・スウィング“I Ain't Gonna Give Nobody None Of My Jellyroll”の昂揚感はハンパないっすよ! *野比甚八