連載

【ろっくおん!】第70回 トゥインク(Twink)『Think Pink』アリエル・ピンクも影響を公言する、英国サイケ・シーンが生んだ奇才ドラマーの魅力に迫る

ロック好きの大学生が集まって放課後タイムにダラダラおしゃべり! 専攻科目よりも皆さんロック史の研究に夢中なようですね!!

Page 2 / 3 1ページ目から読む

TWINKの『Think Pink』と並べて聴きたい作品たち

ARIEL PINK Dedicated To Bobby Jameson Mexican Summer/MAGNIPH/HOSTESS(2017)

グニャリとしたピンク色のロゴも似ているし、森のなかに人が佇んでいるジャケも相通じるから、うっかりアリエル・ピンクかと勘違いしちゃった~。でもアリエルの歌うダウナーなアシッド・ナンバーはめちゃくちゃトゥインクっぽいので、実際に影響を受けていると思うな~。 *逗子

 

SYD BARRETT The Madcap Laughs Harvest/Legacy(1970)

ピンク・フロイド脱退後、ますます精神状態が悪化していったシド・バレットは、72年にトゥインクとスターズなるユニットを結成。残念ながら音源は残っておらず、ライヴも3回やったきりで酷いありさまだったようですぞ。この活動を最後にシドは表舞台から完全に姿を消すことに……。 *戸部

 

THE PRETTY THINGS S.F. Sorrow Columbia/Madfish(1968)

ブルース色の濃いワイルドなビート・バンドから緻密なサイケ集団へと転身し、ザ・フーに先駆けてロック・オペラを実践した名盤にして、トウィンクがメンバーとして関わった唯一の作品。変化を求めた当時のプリティ・シングスにとって、彼の醸すサイケ感は必要不可欠だったのでしょう。 *戸部

 

TWINK Think Pink III Think Pink(2018)

2015年に突如『Think Pink II』を発表したかと思ったら、2018年になってさらに第3弾を投下。相変わらずのモゴモゴした歌声と澱んだようなアシッド・ロックはまさしく続編に相応しい出来でござる。いつの間にか自主レーベルを立ち上げたり、73歳にして現役バリバリなのが嬉しいでござるな。 *天空

 

THOM YORKE Suspiria(Music for the Luca Guadagnino Film) BEAT(2018)

『Think Pink』を聴いて何かに似ているな~と思ったら、ホラー映画のサントラをリメイクしたトム・ヨークの最新作だったよ~。メタル・パーカッションや即興ドラムによるリズム面での実験もそうだし、不安を煽るような旋律や全体を覆うダークな閉塞感が、トゥインクの悪夢的なサイケ絵巻っぽいよね~。 *逗子

 

関連アーティスト