NYはハーレムが生んだ偉大なディスコ・ミュージックの巨匠、パトリック・アダムスが天に召された――後のガラージ~ハウスに直結するソウルフルなダンス・ミュージックの礎を築いた鬼才をソウルの目線から追悼しよう!

 ディスコ・ミュージックの巨匠、パトリック・アダムスが6月22日に亡くなった。享年72。プロデューサー、ソングライター、アレンジャーで、鍵盤なども演奏する彼は、主に70年代から80年代前半にかけて夥しい数のレコードを制作。複数の覆面プロジェクトも立ち上げ、現在ブギーとして持て囃されている刺激的なダンス・ミュージックを生み出した。インナー・ライフ“I’m Caught Up(In A One Night Love Affair)”、ユニバーサル・ロボット・バンド“Dance & Shake Your Tambourine”、フリーク“Weekend”、ミュジーク“In The Bush”あたりは彼を紹介する際に真っ先に挙げられる曲だろう。サルソウルやプレリュードのほか、P&P、レッド・グレッグといったNYのインディペンデント・レーベル、さらにアトランティックなどのメジャー・レーベルでも仕事をこなし、ハービー・マンのディスコ・ジャズ・アルバム『Super Mann』(78年)も手掛けるほどであった。

 だが、最初からディスコ・プロデューサーだったわけではない。ディスコ・ムーヴメントが到来するまでは、スウィート・ソウルなどを手掛ける裏方としてキャリアをスタートさせている。

 NYハーレム出身のパトリックは、少年時代にトランペットやギターを手にし、ラジオで聴いた曲のアレンジメントを研究するなどして創作を開始。プロデューサーという仕事もよく知らないまま音楽の仕事に憧れていた。アポロ・シアターの近所に住んでいたこともあって、日常的にライヴやリハーサルを見る機会に恵まれていた彼は、ある時、ミラクルズのライヴでやってきたスモーキー・ロビンソンと対面。プロデューサー/ソングライター志望の若者に対するアドヴァイスを求めたところ、スモーキーから「Forget it!」と言われたという。〈なるようになる〉くらいのニュアンスだろうか。これはパトリックにとって生涯最高のアドヴァイスになったと、2013年に〈Red Bull Music Academy〉でレクチャーした際に語っていた(以下でも同レクチャーの発言を一部引用)。

 60年代後半にスパークスというグループでも活動していたパトリックは、70年にパーセプション/トゥデイの音楽スタッフとして雇われ、最終的にはレーベル運営の要職に就く。そこで手掛けたのが、後に音楽パートナーとなるリロイ・バージェスを含むブラック・アイヴォリーであった。トム・ベルが作るフィリー・ソウルに憧れていたパトリックはグループにスウィートな曲を提供し、ストリングス・アレンジャーとしての才能も開花させる。同レーベルではソウル・アクトのほか、アストラッド・ジルベルトのアルバムにも関わっていた。その後、レーベルのクローズに伴って同社を去ると、自身のプロダクションを設立。ここからアレンジやCM音楽の制作などで多忙の日々が続いていく。

 独立直後は、シスター・スレッジのデビュー作『Circle Of Love』(75年)への楽曲提供をはじめ、エイス・スペクトラムやアル・ハドソン&ザ・ソウル・パートナーズなどアトランティック系列の作品に関与。ブラック・アイヴォリーの仕事で培ったソウル・マナーをベースに、ヴォーカル・グループをサポートする名匠としてモダンなセンスを発揮していく。同じ頃、ドナ・サマーの曲を聴いてディスコ・ミュージックに魅せられたパトリックは、P&Pを主宰するピーター・ブラウンと出会い、同社の音楽/ビジネス・ブレーンとして新たな一歩を踏み出す。そこで誕生したのが、パトリックが仕切ったクラウド・ワンの『Atmosphere Strut』(76年)だった。アナログ・シンセでウニョウニョした音を鳴らすスタイルは彼のトレードマークとなり、レッド・グレッグを主宰していたグレッグ・カーマイケルとのユニバーサル・ロボット・バンドやバンブルビー・アンリミテッドの曲でも同様のシンセ音を用いるようになる。

 さらにブラック・アイヴォリーを一時脱退したリロイ・バージェスとは、フリークとしてアルバムを制作(78年発表)。後にサルソウル・オーケストラに関わる彼らしいフィリー・ソウル風の豪奢で陶酔感のあるダンス・ミュージックでディスコの熱狂に加担した。パトリックは、フリークの曲に起用したドナ・マッギーやヴィーナス・ドッドソンのソロ作も手掛け、その後もキャンディ・ステイトンやフォンダ・レイといった女性シンガーたちの曲をサポートしている。そうしたパトリック絡みの作品に演奏や制作で関わる面々はThe P.A. Systemと呼ばれ、ミュジークやダズィルもそのバックアップを受けて作られた。

 そんな時期にグレッグと共同で手掛けたのが、ジョセリン・ブラウンが歌うインナー・ライフの“I’m Caught Up(In A One Night Love Affair)”である。パトリックいわく、「インナー・ライフの曲はホランド=ドジャー=ホランドがディスコと出会ったようなもの」。彼は10代の頃、モータウンの熱心なリスナーだった。なかでも17歳の時に聴いたマーヴィン・ゲイとタミー・テレルの“Ain’t No Mountain High Enough”に衝撃を受けたようで、インナー・ライフで同曲をカヴァーしたのはモータウンへのオマージュでもあったのだろう。80年前後には元テンプテーションズのエディ・ケンドリックスやデヴィッド・ラフィンのアルバムにもプロデュースもしくはアレンジで関与。リック・ジェイムス“Big Time”の制作に参加した際には、モータウンの一員になった気分だったのではないか。

 音楽制作においては絶好調だった。が、79年に起きた〈Disco Sucks!〉というディスコ排斥運動の煽りを受けたパトリックは、仕事の軸をプロデュースからエンジニアリングに移していく。80年代中期頃からはNYのパワー・プレイ・スタジオを根城とし、ソルト・ン・ペパ、エリックB&ラキム、ヘヴィD&ザ・ボーイズ、キース・スウェット、R.ケリー&MGMなどの作品で録音を担当。同じハーレム出身のテディ・ライリーがプロデューサーとして活躍し始めたのと入れ替わるように、パトリックはエンジニアとしてNYを中心としたストリート・ミュージックを陰から支えていったのだ。

 パトリックは、ダンス・ミュージックの作り手でありながらディスコにおける社交や享楽からは距離を置き、スタジオに篭って音楽を作ることに情熱を傾けたという。ナイル・ロジャースいわく「真のミュージック・マシーン」。その言葉通り、彼はストイックで探究心溢れる音楽家だった。 *林 剛

パトリック・アダムスが参加した作品を一部紹介。
左から、アストラッド・ジルベルトの72年作『Now』(Perception/BBE/OCTAVE)、ジュリアス・ブロッキントンの72年作『Sophisticated Funk』(Today/BBE/OCTAVE)、シスター・スレッジの75年作『Circle Of Love』(Atco)

 

左から、キャンディ・ステイトンの79年作『Chance』(Warner Bros.)、エディ・ケンドリックスの79年作『Something More』(Arista)、メイン・イングリーディエントの81年作『I Only Have Eyes For You』(RCA)

 

左から、P&P音源をまとめたコンピ『P&P Presents Happy Music & Friends』(OCTAVE)、ルイ・ヴェガの2018年作『NYC Disco』(Nervous)

ESSENTIALS
パトリック・アダムスの名仕事を一部紹介!

BLACK IVORY 『Don’t Turn Around』 Today/Perception/BBE/OCTAVE(1972)

以降もパトリックと組んでいくリロイ・バージェスを中心にしたハーレム出身ティーン・グループの初アルバム。前年のデビュー・シングルとなる表題曲での幕開けからスウィートな歌心が瑞々しく、同時期のスタイリスティックスやテンプテーションズを思わせるパトリック全面プロデュースの楽曲はいずれも高品質だ。同年の次作『Baby, Won’t You Change Your Mind』も併せて必聴。

 

THE EIGHT MINUTES 『An American Family』 Perception/BBE/OCTAVE(1972)

2家族の兄弟姉妹を軸にしたシカゴの8人組キッズ・グループによる唯一のアルバム。ジャクソン5風味の甘さで迫る“Find The One Who Loves You”など2曲がパトリック作ながら、これはどちらもブラック・アイヴォリーのカヴァーだ。注目は今回の初CD化に伴うボートラで、73年のシングル“Looking For A Brand New Game”がパトリック共同制作の爽やかなアップで素晴らしい。

 

CLOUD ONE 『Spaced Out: The Very Best Of Cloud One』 P&P(2019)

パトリックのメイン・プロジェクトとなったクラウド・ワンでのほぼ全音源をコンパイルした2枚組。代表作の『Atmosphere Strut』(76年)と『Funky Disco Tracks Of Cloud One』(78年)のアルバム2枚を軸に、合間のシングルや後年の“Don’t Let My Rainbow Pass Me By”(81年)、“Flying High”(82年)に至るまで、ウネウネした美意識を押し出す爽快なグルーヴは一貫している。

 

UNIVERSAL ROBOT BAND 『Dance And Shake Your Tambourine』 Red Greg/Pヴァイン(1977)

レッド・グレッグを主宰してディスコ時代に頭角を表したグレッグ・カーマイケルの主導プロジェクトによるアルバム。前年にシングル・リリースされたディスコ/ガラージ・クラシック“Dance And Shake Your Tambourine”はパトリックの作で、彼以外の何者でもないシンセがトレードマークになったパーカッシヴなグルーヴが強力だ。ヴォーカルにはドナ・マッギーも名を連ねる。

 

PHREEK 『Patrick Adams Presents Phreek』 Atlantic(1978)

これもまたパトリックによるプロジェクトで、リロイ・バージェスやヴィーナス・ドッドソンらが参画したフリークでの唯一のアルバム。クリスティーン・ウィルシャーのディーヴァぶりが漲る問答無用のガラージ・クラシック“Weekend”をはじめ、ドナ・マッギーが声を入れる“May My Love Be With You”など、壮麗なストリングスと流麗なグルーヴの織り成すNYディスコの真骨頂が楽しめる。

 

BEN E. KING 『Let Me Live In Your Life』 Atlantic(1978)

50年代から活躍するヴェテラン・シンガーが洗練されたディスコ路線に取り組んだ、まさに78年ならではのアルバム。同年に同じアトランティックでハービー・マン『Super Mann』の全面アレンジを担当したパトリックはここでも“Dark Storm On The Horizon”のプロデュースを委ねられ、キレのある重々しいディスコ・グルーヴで濃い口の円熟した歌唱をしっかり躍らせている。

 

DONNA McGHEE 『Make It Last Forever 』 Red Greg/Wewantsounds(1978)

ユニヴァーサル・ロボット・バンドなどパトリック絡みの作品でたびたび歌った女性シンガーによる唯一のソロ作。プロデュースを手掛けるグレッグ・カーマイケルと共同でパトリックも全曲のアレンジを担い、喘ぎ声やモノローグも交えて歌う表題曲や“Do As I Do”など魅惑のナンバーをスムースかつシルキーな意匠で盛り上げてる。バンブルビー・アンリミテッド“Love Bug”のカヴァーも。

BUMBLEBEE UNLIMITED 『Sting Like A Bee』 RCA/ソニー(1979)

レッド・グレッグからのシングル“Love Bug”(76年)や“Lady Bug”(78年)が話題となり、RCAからのアルバム・デビューに至った覆面ディスコ・プロジェクトの唯一作。グレッグ&パトリックを中心にドナやリロイが参加しているものの、蜂を擬人化したキャラ設定のため回転数を変えた歌声でキッチュに聴かせるのがポイント。ソリッドかつ端正なグルーヴのカッコ良さは言わずもがな。

 

KAYGEE’S 『Burn Me Up』 De-Lite/OCTAVE(1979)

もともとはクール&ザ・ギャングの弟分的なファンク・バンドだったはずがオリジナル・メンバーが誰もいなくなった謎のラスト・アルバム。実態はパトリックがケン・モリスやスタン・ルーカスらと形にしたP.A.システムによる覆面プロジェクトのような作りで、成り立ちはさておきフリークにラテン色を塗したようなディスコ・トラックの揃う強力な内容には変わりない。ヴィーナス・ドッドソンも参加。

 

DAZZLE 『Dazzle』 De-Lite/OCTAVE(1979)

これも別掲のケイ・ジーズ盤と似た布陣のプロジェクオながら、リロイ・バージェスとスタン・ルーカスが主導したゴージャスでアップリフティングな作りはまさにプレリュードやサルソウルへの回答といった雰囲気だ。ソウルフルなメイン歌唱はジョセリン・ブラウンで、エディットにはジェリービーンも参加。パトリックはストリングス&ホーン・アレンジでサルソウル的な華やかさを狙っている。

 

NARADA MICHAEL WALDEN 『Awakening』 Atlantic(1979)

80年代きってのヒットメイカーに成り上がる前のナラダが残したクロスオーヴァー感覚の人気ソロ作。パトリックはA面4曲の共同プロデューサーとして管弦アレンジやシンセ演奏で援護し、とりわけファンキーな“I Don’t Want Nobody Else(To Dance With You)”はR&Bチャート10位のヒットを記録。沖野修也のカヴァーで知られる隠れメロウ“Give Your Love A Chance”もA面だ。

 

RICK JAMES 『Garden Of Love』 Motown/ユニバーサル(1980)

こちらもちょうどリイシューされたばかり! モータウンの異端児が大ブレイク前夜に放った佳作で、冒頭を飾るシングル曲“Big Time”ではパトリックとケン・モリスがプロダクション・アシスタンスにクレジットされている(ギターも演奏)。謎のウキウキ感に溢れた豪奢で小気味良いグルーヴはリロイ・バージェスやスタン・ルーカスら馴染みの面々を束ねて奏でた成果だろう。

 

INNER LIFE 『Inner Life』 Salsoul(1981)

グレッグ・カーマイケル主導でジョセリン・ブラウンが歌う名プロジェクトの、“I’m Caught Up(In A One Night Love Affair)”を生んだプレリュード盤に続くサルソウル移籍作。天を翔けるダンス・クラシック“Ain’t No Mountain High Enough”のみパトリックが共同プロデュース/アレンジしている(ミックスはラリー・レヴァン)。ドナ・マッギー“Make It Last Forever”のカヴァーも収録。

 

THE SALSOUL ORCHESTRA 『Heat It Up』 Salsoul(1982)

前年の『Christmas Jollies II』に続いてパトリックが舵取りを任された、名門オーケストラ最後のアルバム。ジョセリン・ブラウンを迎えた“Take Some Time Out(For Love)”やロリータ・ハロウェイがパワフルに歌う“Seconds”、クリスティン・ウィルシャーを招いたスタイリスティックス“You Make Me Feel Brand New”のカヴァーなど、時代の区切りならではのオールスター感が漂う。

リイシューの熱射が降り注ぐ季節……

ONE WAY 『Shine On Me』 MCA/ユニバーサル(1983)

 数か月ぐらい連載をさぼっておりましたので山ほどいろんなものが通り過ぎて行ってしまいました……というところで、まずは本文にも登場するアル・ハドソン&ザ・ソウル・パートナーズが発展してできたデトロイトのファンク・バンド、ワン・ウェイの83年作『Shine On Me』(MCA/ユニバーサル)をご紹介します。以前にワン・ウェイの特集をした際には未復刻状態でしたが、このたび世界初CD化が実現。この年代ならではのエレクトロ感が芳しいファンクは近年のブギー好きにもオススメです。こちらはとても買いきれない〈Throwback Soul〉復刻シリーズの一環となります。

ROBERTA FLACK 『Bustin’ Loose』 MCA/ユニバーサル(1981)

RISCO CONNECTION 『Risco Version』 Strut(2022)

 同シリーズ発のブツでは、ロバータ・フラックによる同名映画のサントラも兼ねた81年作『Bustin’ Loose』(MCA/ユニバーサル)もぜひ。彼女のキャリアを顧みる際にもあまり重要視されない一枚ですが、この後に大成するデュエット・パートナーのピーボ・ブライソンをフィーチャーしたほか、マーカス・ミラーやルーサー・ヴァンドロスの曲があったり聴き逃せません。亡き相棒に捧げた“Ballad For D”も収録。
さらにはレゲエ方面となりますが、スタジオ・ワンで活動したジョー・アイザックがカナダで立ち上げたリスコ・コネクションの編集盤『Risco Versions』(Strut)も推薦。多彩なディスコ名曲を軽快なレゲエ・ディスコでカヴァーした楽曲集で、インナー・ライフ“I’m Caught Up”を取り上げていたのでここで紹介してみました。

NATHAN BARTELL 『Nathan Bartell』 Athens Of The North(2022)

 最後は、みんな大好きなAOTNからのお宝系、ジョージア州アッシュバーン出身のソウル・シンガー、ネイサン・バーテルが67年~72年の間にリリースした音源をまとめた『Nathan Bartell』(Athens Of The North)です。ローカルならではのイナタさとグッド・フィーリングに溢れたソウル/ファンク集です!   *出嶌孝次