INTERVIEW

ヴァイオリニスト・天満敦子、小林亜星の書き下ろし曲含む旅にまつわる国内外の名曲集めた新作を語る

ヴァイオリニスト・天満敦子、小林亜星の書き下ろし曲含む旅にまつわる国内外の名曲集めた新作を語る

名器との対話から生まれる美しいメロディに乗って

 天満敦子は、3年ぶりの新作『旅人のうた』で、小林亜星が彼女のために書き下ろした《旅人の詩》をはじめ、国内外の旅にまつわる名曲をレコーディングした。もちろんあの《望郷のバラード》も含まれている。

 「旅というテーマの提案にありがたいと思いましたね。というのは、前作『ふるさとのうた』以降、東北への思いが私の中にずっとあって、日本の素朴なメロディにますます惹かれるようになっていたので。それに私のストラディヴァリウスが日本の曲になると、とっても渋い音を出すんですよ、ビックリするくらいに(笑)」

天満敦子 旅人のうた キング(2015)

  アルバムは15曲収録で、前半が《からたちの花》など日本の歌、中盤に和田薫の《雅俗二譚》と間宮芳生の《ヴァイオリン・ソナタニ長調よりアンダンテ》を挟み、後半は海外の有名曲という編成だ。

 「収録曲のなかで私が特に希望したのは間宮先生の作品、この第2楽章がとても好きなので。先生は、青森出身だから、曲が訛っているというか(笑)、東北の民謡が感じられることと、昔から先生に岡田博美というすごいピアニストがいるので、絶対に一緒にやった方がいいと言われ続けてきたんですね。今回岡田さんがピアノを弾いて下さることになったので、ぜひ間宮先生の作品を入れたいと。和田先生の作品は、今年3月にコンサートで初演した大変斬新な新曲になります」

 コンサートでの共演経験はあるが、レコーディングで岡田博美と組むのは2010年の《フランク&フォーレ:ヴァイオリン・ソナタ》以来2度目とのこと。彼と弾くと、“演奏が締まる”と表現し、代表曲《望郷のバラード》も「ゆっくりせつなく、だけではなく、引き締まって、体脂肪がなくなったような快感があるの」と笑う。

 さて、東北に心寄せて演奏した日本の歌。《旅人の詩》も小林亜星がみちのくを歩く情景を描いた作品で、イマジネーションを刺激される一方、《花は咲く》など歌が聴こえてくるような演奏には心が揺さぶられる。

 「歌詞を勉強し、理解してから弾こうと思っていた時期もありますが、それより今は、最初に楽譜を見て出した音、第一音の感触を大切に、自分がこう弾こうとか、自分の音を作ろうとかではなく、楽器が進もうとしている方向に私は従うだけ。そのなかで《花は咲く》は、震災後に福島で演奏した時に子供達がお礼に、と歌ってくれた歌に感動しちゃって。今でもその歌が忘れられなくてね。だから、明るく希望を求めて、というのではなく、旦那さん(ストラディヴァリウスのこと)と心せつなく、ちょっと首を垂れるような感じで、子供達の歌を思い出しながら演奏しています」

 アレンジの多くは原曲に近く、メロディを大切にした演奏がとても美しく、聴き手を空想の旅へと誘う。

【参考動画】天満敦子による2015年のパフォーマンス映像

 

LIVE INFORMATION

天満敦子パリ祭コンサート
○7/14(火)18:00開演
会場:上野精養軒

天満敦子JHPチャリテイコンサート
○7/18(土)13:00開演
会場:浜離宮朝日ホール

天満敦子ヴァイオリンコンサート
○8/2(日)16:00開演
会場:大阪いずみホール

天満敦子ヴァイオリンリサイタル
○8/22(土)・23(日)18:00開演
会場:八ヶ岳高原音楽堂

www.officetemma.co.jp/

TOWER DOORS
pagetop