ディスクガイド

今月のレポート盤:HIGH RISE『TAPES+』といっしょに聴きたい関連作品!

【ろっくおん!】第26回 Part.2

WHITE LUNG Deep Fantasy Domino/HOSTESS(2014)

こちらにも載っている2作目。最近のオルタナパンクにしちゃ、かなり鼻っ柱の強い豪快なサウンドがイカシてるよな! ギターの速さもうるささも相当なもんで(流石にHIGH RISEには及ばないけどな!)、テンション上がるぜ! *鮫洲

 

 

SWANS To Be Kind Mute(2014)

Pitchforkでいまのところ今年の最高得点を獲得している一枚です。ここへきて彼らのヘヴィーでジャンクで地下臭の漂う音が再評価されていますが、同じく82年にデビューし、孤高のカルトぶりも相通じるHIGH RISEの一連のリイシューもその流れなんでしょうか。 *汐入

 

 

成田宗弘 サイケロイド U-Rythmix(2014)

私がもっとも敬愛するギタリストの一人、HIGH RISEの成田さんがボーカロイドを使ってサイケロック古典をカヴァーした企画盤です。無機質な歌の合間に斬り込んでくる狂気のギターが凄いの一言! もちろん、HIGH RISEのルーツであるジミヘン曲もあります! *汐入

 

 

BO NINGEN III Stolen/ソニー(2014)

HIGH RISEやBORISAcid Mothers Templeなど、なぜか日本のサイケ・バンドは海外で先に人気が出る……とバキトさんが書いていましたが、彼らも然り。マイク・ヘイズが手掛けたこの最新作ではサヴェージズべスも参加していて、完全に世界標準のロックです。 *逸見

 

 

SLAVVE Slavve Bloodmoss(2014)

ブルックリンの2人組によるファーストEPなんすけど、これがまたヤバイ! 音圧のハンパないドタバタしたドラムスとノイジーなギターでもって、ポスト・パンクスクリーモを行ったり来たり。で、時折やたらとフリーキーにハミ出る感じがHIGH RISE的で痛快っす! *鮫洲

【参考動画】スレイヴの2014年作『SLAVVE』収録曲“pity party” ライヴ映像