綺羅星の如きアーティストを輩出した華々しすぎるサクセス・ストーリー――話題を呼んだ映画のBlu-ray化をきっかけにわざわざ振り返ってみる、忘れられたアーティストと倉庫行きになった膨大な楽曲たちの物語

 デトロイトの片隅の一軒家から世界の音楽を塗り替えたモータウンは、ビートルズやローリング・ストーンズが憧れ、日本を含む世界の音楽に影響を与え続けている音楽レーベル。引退を表明した創設者のベリー・ゴーディが初めて語る創業一代記、最初で最後の密着ドキュメント。20世紀にもっとも影響力を持った独立レーベルの正史がここに誕生!――(以上、資料より)。

ベン・ターナー, ゲイブ・ターナー 『メイキング・オブ・モータウン』 インターフィルム(2021)

 このように説明不要なモータウンの創業60周年を記念して、2019年に公開されたドキュメンタリー作品「メイキング・オブ・モータウン(Hitsville: The Making Of Motown)」。翌年には日本でも劇場公開が実現し、大きな話題を呼んだのも記憶に新しい。そんな歴史的資料としても重要なヒット作が今回めでたくBlu-ray化されることになった。

 59年にベリー・ゴーディJrがタムラを立ち上げた時点からモータウンの歴史は始まり、この映画で触れられるところの〈黄金期〉と言った際に、多くの人が名前を思い浮かべるのはだいたいスモーキー・ロビンソンとミラクルズ、テンプテーションズ、ダイアナ・ロス&スプリームス、フォー・トップス、マーヴィン・ゲイ、スティーヴィー・ワンダー、ジャクソン5といったレジェンドたち。それに続くのがマーサ&ザ・ヴァンデラスやマーヴェレッツ、メアリー・ウェルズ、といったところになるだろうか。モータウンを離れてより大きな成功を収めた者といえばグラディス・ナイト&ザ・ピップスやアイズリー・ブラザーズ、スピナーズのような例もある。

 とはいえ、創業者のベリー・ゴーディJrとスモーキー・ロビンソンがどれだけイチャイチャ語ろうと、レジェンドやスーパースターを除くほとんどのアーティストは名前を挙げられることはないはずだ。品質管理会議に敗れてコンスタントなリリースができなかった者がいて、ヒットが持続せずアルバムを出せなかった者がいて、シングルすら出なかった者もいるだろう。もちろん単純にヒットしなくて埋もれてしまったものもそこに加わってくる。もちろん、たとえ人気アーティストであっても膨大な未発表曲が残されているということは、それだけクオリティ・コントロールが厳しかったことの証明でもある。どのフィールドにおいても同じことは言えるだろうが、モータウンの成功物語の影には、アーティストにしろ楽曲にしろさまざまなタイプの夥しい〈負け〉が累々と積み重なっているのだ。

 そして、システムの産物として膨大なアーカイヴが残されている点にこそ、モータウンが単なるヒットパレード的な側面に終わらず長年ソウル・ファンを惹き付けてやまない理由があるのは明らかだ(単純にソウル好きにとっては大物が揃っているからでもあるが)。定期的に発掘される編集盤など見ても、いまだに初出の音源が膨大にあることに驚かされる。今回は映画の取り扱い範疇であるLA移転前の60年代の音源を主なターゲットとして、日の目を見なかった楽曲やリアルタイムで報われることのなかったアーティストたちの作品をまとめて一気に紹介してみよう。

2002年公開作のBlu-ray「永遠のモータウン コレクターズ・エディション」(ポニーキャニオン)

 

2019年のサントラ『Hitsville: The Making Of Motown』(Motown/Capitol)

映画に映らない名演ガイド

BRENDA HOLLOWAY 『Spellbound: Rare And Unreleased Motown Gems』 SoulMusic(2017)

ベリー・ゴーディJrがその美貌に惚れ込み、モータウンに迎え入れたLAワッツ地区出身のシンガー。64年のデビュー・ヒット“Every Little Bit Hurts”とブラッド・スウェット&ティアーズ版でも有名な“You’ve Made Me So Very Happy”(67年)の2曲で社史に名を残す人だが、約4年の在籍期間には未発表曲を含め多数の曲を吹き込んでいた。それらを集めた本盤には、ソフトな声で歌う彼女のエレガントな魅力を活かした美曲が揃っている。 *林

 

THE SATINTONES 『Sing!: The Complete Tamla And Motown Singles Plus』 Ace(2010)

タムラで録音した最初のグループで、59~61年に6枚のシングルを残して解散したサテントーンズ。膨大な未発表音源を含むこの全曲集には、メンバーのチコ・レヴァレットがグループより先に出していたソロ曲も網羅され、ドゥワップ寄りの甘みやベリーが陣頭指揮を執っている雰囲気は黎明期ならでは。後に裏方として成功するソニー・サンダースや、この後マーヴェレッツ“Please Mr. Postman”を手掛けるロバート・ベイトマンも在籍していた。 *出嶌

 

THE CONTOURS 『Dance With The Contours』 Kent(2011)

メンバーにジャッキー・ウィルソンの従兄弟がいた関係でベリー・ゴーディJrと繋がり、モータウンと契約。ノヴェルティー感覚の曲も含めてコースターズに近いグループで、ツイストを下敷きにした62年の大ヒット“Do You Love Me”で知られる。同社でのアルバムは1枚のみだが、本盤には64年に発表予定だったお蔵入りアルバムに関連した曲を収録。ロックンロール風のダンス曲を荒々しいヴォーカルで歌う彼らの初期の魅力が詰まっている。 *林

 

THE VELVELETTES 『The Motown Anthology』 Motown(2004)

西ミシガン大学で出会った友人同士が妹らを交えて結成した5~3人組の女性グループで、都合6枚のシングルを残したヴェルヴェレッツ。このアンソロジーにはノーマン・ホイットフィールドによる“Needle In A Haystack”(64年)や80年代にバナナラマがヒットさせる“He Was Really Sayin’ Somethin’”(65年)などの代表曲はもちろん、大半が未発表だった全48曲をギッシリ収めて競争の熾烈さも窺わせる。スティーヴィー・ワンダー共作曲もアリ。 *出嶌

 

EDDIE HOLLAND 『It Moves Me: The Complete Recordings 1958-1964』 Ace(2012)

H=D=Hの一員として多数の曲を生み出し、モータウンの発展に貢献した奇才。シンガーとしても“Jamie”(61年)のヒットを飛ばすが、ステージ恐怖症もあって裏方に専念するようになった。が、当初は歌手をめざしていたこともあり、モータウン入社前の50年代後半から裏方仕事で多忙になる64年までに膨大な楽曲を吹き込んでいたのだ。未発表音源を含むこの全曲集には、ジャッキー・ウィルソンに通じる明朗な声で歌われたポップなR&Bが並ぶ。 *林

 

THE MONITORS 『Say You: The Motown Anthology 1963-1968』 Kent(2011)

テンプスの前身にいたリチャード・ストリートを中心に、女性1名を含む編成のモニターズは、厭戦の気持ちを忍ばせた“Greetings(This Is Uncle Sam)”(66年)の小ヒットが著名な4人組。この編集盤は唯一のアルバム『Greetings!... We’re The Monitors』(68年)にB面曲や12の未発表音源を加えたもので、爽やかな“Too Busy Thinking About My Baby”などは聴きどころだ。71年にリチャードのテンプス加入に伴って解散している。 *出嶌

 

MARV JOHNSON 『I’ll Pick A Rose For My Rose: The Complete Motown Recordings 1964-1971』 Kent(2011)

タムラ第1号シングル“Come To Me”(59年)を放ち、モータウン黎明期を飾ったシンガー。同社では60年代中期以降のシングルを含むアルバム『I’ll Pick A Rose For My Rose』を69年に出しているが、その前後に録音しながらお蔵入りした曲やモノ版シングルを加えてモータウン全音源集を謳ったのが本盤だ。高いトーンの声でジェイムス・ディーンやクラレンス・ポールらが制作したポップな曲を快唱。テンプス曲の未発表カヴァーも興味深い。 *林

 

KIM WESTON 『The Motown Anthology』 Motown(2005)

ソウル・チャート4位の大ヒット“Take Me In Your Arms(Rock Me A Little While)”(66年)を残すも、マーヴィン・ゲイとのデュエット“It Takes Two”(66年)がモータウンでの最大の功績と思われがちな女性シンガー。この編集盤にはアガサ・ウェストン名義の62年録音から、件のヒットを受けて出す予定だったアルバム用と思しき音源までを収録。敏腕プロデューサーである夫のミッキー・スティーヴンソンが溌剌とした歌声を活かした佳曲揃いだ。 *出嶌

BLINKY 『Heart Full Of Soul: The Motown Anthology』 Real Gone(2019)

ソンドラ・ウィリアムス名義で活動したアトランティック時代を経て、モータウンからブリンキーとして再出発。エドウィン・スターとの共演作で知られる人だが、未発表アルバムの曲などお蔵入り音源を含む本編集盤を聴くと、作家が多様化し、クロスオーヴァー化の進んだ60年代後半以降のモータウンにおける新しいソウル・スターとして期待されていたことがわかる。ゴスペル・ルーツを曝け出しながらフランク・ウィルソンの制作曲などを快唱。 *林

 

THE CONTOURS, DENNIS EDWARDS 『Just A Little Misunderstanding: Rare And Unissued Motown 1965-68』 Kent(2014)

初期モータウンにてアルバムを1枚発表した後、60年代後半まで同社でシングルを出し続けたコントゥアーズ。65~68年のモータウン黄金期に発表もしくは録音した曲を未発表モノも含めて収録したのが本盤で、リーヴァイ・スタッブスの弟ジョーがリードで歌ったフォー・トップスに通じる骨太なノーザン・ビートのアップなどを聴くことができる。後期のリードはテンプテーションズ加入直前のデニス・エドワーズ。当時お蔵入りした曲も盛り沢山だ。 *林

 

SYREETA 『The Rita Wright Years: Rare Motown 1967-1970』 Kent(2016)

スティーヴィー・ワンダーと公私に渡って蜜月関係を築く前のシリータはリタ・ライトと名乗っていた。同名義ではアシュフォード&シンプソン作の“I Can’t Give Back The Love I Feel For You”(とそのシングルB面曲)を68年に出しただけだが、実は大量の未発表曲が眠っていた。モーウェスト時代の蔵出し音源も含めた本盤では、スティーヴィーも関与したノーザン・ストンパー、スプリームス版でヒットする“Love Child”のデモなどを収録。 *林

 

BOBBY TAYLOR 『The Motown Anthology』 Motown(2006)

前座に起用したジャクソン5に惚れ込んでモータウン契約へと導き、彼らの初作で大半をプロデュースしたことも名高いワシントンDC出身のシンガー。本盤はボビー・テイラー&ザ・ヴァンクーヴァーズ名義とソロでモータウンに在籍した68~71年の音源集で、異人種間の恋愛を仄めかした“Does Your Mama Know About Me”(68年)などの小ヒットからモーウェストに残した“Hey Lordy”(71年)、さらには膨大な蔵出し曲が収められている。 *出嶌

 

THE FANTASTIC FOUR 『The Lost Motown Album』 Kent(2015)

リック・ティック原盤のシングルを集めたベストが68年にモータウン傍系のソウルから出されたデトロイトの4人組。その後ウェストバウンドに移籍する直前にクレイ・マクマレイやアル・ケントらの制作曲を含むアルバム『How Sweet He Is』をソウルから出す予定だったことを明らかにしたのが本盤だ。それにちなんで68~71年に録音された楽曲(大半が当時は未発表)は、ノーザン・ビートを受けて熱くダイナミックに歌われた力作揃いだ。 *林

 

THE SPINNERS 『While The City Sleeps: Their Second Motown Album With Bonus Tracks』 Real Gone(2018)

この後のアトランティック移籍を経て大きく開花する名グループだが、こちらは“It’s A Shame”のヒットを生んだGC・キャメロン在籍時の唯一のアルバム『2nd Time Around』(70年)の全曲とその前後の蔵出し音源を集めた計25曲入り。後見人のハーヴェイ・フークワとグウェン・ゴーディはもちろん、スモーキーやホイットフィールド、エドウィン・スターの関与もある。このあと“What’s Goin’ On”に携わるアル・クリーヴランドの仕事も聴きモノだ。 *出嶌

 

VARIOUS ARTISTS 『Finders Keepers: Motown Girls 1961-67』 Ace(2013)

60sモータウン貴重音源集の女性篇。スプリームスやマーサ&ザ・ヴァンデラスらの既発曲も含むが、二番手に甘んじていたヴェルヴェレッツやブレンダ・ホロウェイのほか、ラブレンダ・ベン、アニタ・ノール、テルマ・ブラウン、リンダ・グリナーなど無名のまま消えた初期の歌姫も多く、こうした中でメアリー・ウェルズがスターになったことがわかる。ハッティ・リトルズがドスの利いた声で歌う柔道の黒帯礼賛ソング“My Black Belt”がユニーク。 *林

 

VARIOUS ARTISTS 『Satisfaction Guaranteed!: Motown Guys 1961-1969』 Ace/Kent(2014)

60sモータウンの未発表音源を集めたコンピの男性篇。マーヴィン・ゲイがライヴで歌った“Mojo Hanna”のスタジオ版なども貴重だが、同社の作家であったジョニー・ブリストルやフランク・ウィルソンがそれぞれシンガーとして歌いながらも品質管理会議でボツにされていた自作曲が発掘された喜びは大きい。アーティスティックスの元メンバーを含むヒット・パックのシカゴ×デトロイトな“Show Me You Can Dance”も派手さはないが好曲だ。 *林

 

VARIOUS ARTISTS 『Love & Affection: More Motown Girls』 Ace(2015)

女性篇コンピ第2弾は60年代当時の未発表音源のみを収録。プラターズに一時在籍したバーバラ・ランドルフが歌うスティーヴィー・ワンダー共作のアップ、マーヴィン・ゲイとの共演曲が発掘されたオマ・ヒアード(発掘時のペイジ姓は誤記で別人だった)がソフトな声で歌うバラード、VIPから1枚シングルを出すも他はお蔵入りとなったロリポップスのメロウなミッドなどが聴ける。H=D=H製の曲を歌うグラディス・ナイト&ザ・ピップスも新鮮だ。 *林

 

VARIOUS ARTISTS 『One Track Mind!: More Motown Guys』 Kent(2016)

未発表曲コンピ男性篇の続編。レッキング・クルーの演奏によるLA録音ながらデトロイト色濃厚なフランク・ウィルソンの“I’ll Be Satisfied”を筆頭に、リオン・ウェアが初めてモータウンで書きスピナーズが歌った“Imagination Is Running Wild”、ジミー・ラフィンによるドビー・グレイ“The "In" Crowd”のカヴァーなど、これらの快演がお蔵入りになるほど黄金期のモータウンは凄かった。ポップコーン・ワイリーのロックンロール曲も貴重。 *林

 

VARIOUS ARTISTS 『Baby I’ve Got It: More Motown Girls 』 Ace(2018)

女性篇第3弾も60年代当時の未発表曲が並ぶ。タミー・テレルも吹き込んだ“It’s Been A Long Time Happenin’”のリタ・ライト版、ジーン・ペイジを兄弟に持つオマ・ペイジが唯一モータウンで吹き込んだ曲、イヴォンヌ・フェアが75年のアルバムに収録する曲のオリジナル・ミックスなど、これまた興味深い音源が多数。エドナ・ライトらがバックで歌ったルイス・シスターズの“Honey Don’t Leave Me”など、西海岸支部開設後のLA録音も目立つ。 *林

 

VARIOUS ARTISTS 『A Cellarful Of Motown! Vol. 4』 Motown(2010)

UKでのモータウン未発表音源発掘に拍車をかけたコンピ・シリーズの第4弾。デトロイト本社時代の音源(LA録音含む)で、マーヴィン・ゲイとオマ・ヒアードのデュエット、元テンプスのポール・ウィリアムスによるバラード、スティーヴィー・ワンダーのダンサーなど、お蔵入りが信じられない好曲が並ぶ。ボウズ、ユートピアンズ、エージェンツといった無名グループ、元アーティスティックスのロバート・ドバインによるソロ曲も上々だ。 *林

 

VARIOUS ARTISTS 『A Cellarful Of Motown! Vol. 5』 Caroline(2020)

発掘音源集の第5弾。別掲コンピや配信で公開済みの曲もあるが、エディ・ウィルソン名義で別レーベルから出していたフランク・ウィルソンのノーザン古典“A Toast To The Lady”を筆頭に、ファンク・ブラザーズの初出インスト、アン・ボーガンの貴重なソロ曲、ブライアン・ホーランドが斬新なアレンジで歌ったプラターズの名曲、ハーツ・オブ・ストーンによるミラクルズ曲カヴァーなど、名演/名唱の数々にモータウンの凄さを改めて実感。 *林

リイシューはやや梅雨入り気味

VARIOUS ARTISTS 『Leon Gardner’s Igloo Records』 Athens Of The North(2021)

 気温が上昇してきましたね……ってことで。何やかや見落としていたものも含めてやっぱりいろいろ出ています。まずはみんな大好きなAOTNの次なる発掘品、ダンサーでハモンド奏者のリオン・ガードナーがカリフォルニアで主宰したイグルーのコンピ『Leon Gardner’s Igloo Records(Soul On The Fringes)』(Athens Of The North)をご紹介しておきましょう。かつてジャズマン編纂のコンピ『California Funk』に“Farm Song”が収められたガードナーですが、オルガン・ファンクから泥臭い歌モノまで雰囲気はいろいろ。本人以外ではジャメルズなるグループの甘い“I’ve Cried”はヘタウマ感も含めて最高です。

BOBBY WOMACK 『The Poet』 Beverly Glen/Abcko(2021)

 お次はボビー・ウーマックの81年作『The Poet』(Beverly Glen/Abcko)を推薦。これは40周年記念という節目を祝うストレート・リイシューですが、そうでなくても大名曲“If You Think You’re Lonely Now”を収録した名盤なのでぜひ一家に一枚。続編にあたる『The Poet II』も同時リイシューされていますよ。

ATLANTIC STARR 『Always: The Warner-Reprise Recordings』 SoulMusic(2021)

 最後は、アトランティック・スターがワーナー系列に残した3作品のセット『Always: The Warner-Reprise Recordings(1987-1991)』(SoulMusic)も一般常識として必携でしょう。全米1位の甘いバラード“Always”などファンク・バンドがコンテンポラリー方向に洗練されていく過程がうっとり楽しめます。 *出嶌孝次