ハードロック/ヘヴィメタルの楽曲をピアノ・トリオ編成でカヴァーするプロジェクト、NHORHMでも話題を集めたジャズ・ピアニスト、西山瞳。彼女の新作『Calling』は、佐藤“ハチ”恭彦(ベース)、池長一美(ドラムス)とのトリオ編成による久々のスタジオ・アルバムとなった。

収録曲はすべて西山によるオリジナル曲。6歳からクラシック・ピアノを学び、18歳でジャズに転向したという彼女の歩みが自然に表現されている。しっとりとした曲調の中に西山が培ってきたものが遺憾なく発揮された“Indication”や“Calling”、佐藤と池長を従えて抑制の効いたグルーヴを展開する“Reminiscence”や“Loudvik”、親しみやすいメロディーに作曲家としての西山の才気が光る“Folds of Paints”など、NHORHMとは異なる西山の魅力が描き出されている。

コロナ禍以降もピアノ・ソロ・アルバム東かおる(ヴォーカル)との共演作を続けざまにリリースするなど、精力的な活動を展開している西山。Mikikiの好評連載〈鋼鉄のジャズ女〉も3年目を迎えた彼女の、現在の〈モード〉をさまざまな角度から探ってみたい。

西山瞳トリオ 『Calling』 MEANTONE(2021)


ジャズとメタル、ジャズとクラシック

――Mikikiの連載〈西山瞳の鋼鉄のジャズ女〉は今まで3年以上続けてきたわけですが、ジャズ界隈からの反響はいかがですか?

「前回のジャズ・ミュージシャンにメタルの話を訊く回はめちゃめちゃ読んでもらってるみたいで嬉しいですね。メタルに興味はないけれど読んでくれてるという人も結構いるようなので、アーティスト名の刷り込みにはなってるかなと」

――みんなイングヴェイ(・マルムスティーン)の名前ぐらいは覚えてくれたんじゃないかと(笑)。

「そうそう。ジャズ・ミュージシャンでも同世代の人は面白がってくれている方も多いですね。ジャズは自分の仕事でもあるし、表現でもあるので、何か書こうと思うと責任が出てきちゃうんですよ。でも、Mikikiの連載は趣味のことを考えている時間という感じなので楽しいんです」

――連載の中で西山さんはジャズとメタルの共通項をひたすら探していきますよね。時には言葉を編み出しながら、ふたつのジャンルの間に橋を架けようとしています。

「そこが楽しいんですよね。メタルとジャズの両方を聴く人ってあまりいないと思うので、なるべく両方の共通項を探したいとはいつも考えています。

ただ、私の中では回を重ねるごとに共通項よりも相違点のほうが見えてきたかもしれない。マインドの違いというか。音楽に育てられるマインドなのか、そのマインドだから音楽が好きなのか分からないですけど、基本的にジャズが好きな人ってインディペンデントなところがあって。みんなで一緒に頭を振る喜びが分からないという方は多いんですよ」

――なるほど(笑)。

「ジャズではミュージシャンも個性が大事にされるし、どんどん新しい表現を見つけないといけない。インディペンデントで個性が重視されるという意味では、ジャズはメタルよりもパンクのほうが近いんじゃないかなと思っています」

――メタルはむしろある種の様式をどう踏襲し、その中でどう個性を表現していくかという世界ですよね。

「あと、プレイヤーよりもバンドの世界観が重視されますよね。ジャズはプレイヤー同士で新しい世界を作っていくという感覚があって、その点でメタルとジャズは相容れない点もあるとは思います。私はどっちも楽しんじゃってるんですけど」

――(メタル専門誌の)「ヘドバン」でもライターをやっていらっしゃるんですよね。

「そうですね。私の場合、昔から読んでいる伊藤政則さんのあの感じがベーシックになっているので、雑誌でメタルのことを書くとなったら、自然にそれが出てきちゃうんですよ。すごく詩的な表現もされるじゃないですか。あんなふうに書いてみたいと思いますけど、なかなか難しいですね」

――分かります。カッコいいんですよね、伊藤政則さんの文体って。僕も憧れてますもん。

「そうそう、カッコいいんですよ」

――西山さんとメタルの関わりというと、これまでNHORHMでアルバムを3枚出されていて、3部作の最後のアルバムが2018年10月に出ました。NHORHMの活動は一旦休止という感じ?

「そうですね。『アトロク』(TBSラジオの「アフター6ジャンクション」)に出たとき解散宣言をしたんですけど、再結成しかけたらコロナ禍に入ってしまって。またやりたいんですけど、気持ち的には一区切りという感覚ですね。この状態なので、メンバーも集められないし。

あと、NHORHMはおそろしく配信に向いていないバンドなんですよ。カヴァーだと権利関係が大変で、なかなか配信ライブができなくて」

NHORHMによる“Fear Of The Dark”(アイアン・メイデン)のライブ映像
 

――コロナ禍以降はリフレッシュのためクラシックの練習をしていたそうですね。

「そうなんですよ。ライブはどんどんキャンセルになるし、その状態にちょっと疲れちゃって。

ジャズの練習ってすごく考えながらやらないといけないし、結構疲れるんですよね。私の中でジャズの演奏は創作と結びついているし、自分が弾きたいことを新しく見つけて、それを自分の言葉にするまでに根気と時間と集中力がいる。もちろんそれが当たり前なんですけど、クラシックの練習は譜面を真面目に追うことで学びを得ていくので、ジャズとは頭の使い方が違うんですよね」

――NHORHMでの活動が一段落したことで、クラシックに回帰したという感覚もあったんですか。

「いや、それはないかな。私にとってクラシックを弾くことは基礎練習なんですよ。仕事が忙しいとなかなかできないし、コロナ前だったらどうしても次のライブに向けた練習ばかりしちゃうんですよね。ジャズの練習は普段からしてましたけど、クラシックの長い曲は時間かけないとなかなかできないんですよ。

あと、クラシックを演奏していると自分の精神が安定するんです。黄金比に基づいていて完成されたクラシックの曲を弾くと、自分自身が浄化されるような感覚があって」

――西山さんは6歳からクラシックを学んでいて、ジャズは18歳からやってきたわけですが、クラシックとジャズの関係性についてはどのように意識されているんですか。

「特に意識してるわけじゃないんですけどね。ジャズをやり始めた後、先輩からは〈大きな音を出せ〉とか〈ガツガツ弾け〉って言われてきたんですけど、そうした中でクラシックの延長でジャズをやっているエンリコ・ピエラヌンツィというピアニストの音楽と出会ったことが大きくて。自分のバックボーンにあるものをジャズの考え方で即興演奏するエンリコ・ピエラヌンツィのスタイルが私にとってすごくナチュラルに聴こえたんですよ。そもそもラヴェルの作品の中にもジャズっぽいものはありますし」

――ブラッド・メルドーみたいにクラシックを演奏するジャズのプレイヤーもいるわけで、両方を横断するプレイヤーがいるということですね。

「そうそう。あと、ここ数年でジャズを取り巻く日本の状況が変わってきたこともありますよね。昔はモダン・ジャズ信仰が強かったけど、2000年代以降、ジャズとしてみんなが意識するものがだいぶ広がりましたよね。若いジャズ・ミュージシャンが好きなことをしてるというか、必ずしもチャーリー・パーカーからジャズに入らない人も増えている」

――NHORHMではメタルの領域にも踏み込んだわけですが、西山さんの中ではそういうジャズの広がりとも連動する感覚もあるんですか。

「そうですね。不自然なことではないと思いますし、メタルとジャズを融合させようという意識があったわけでもないんですよ。両方聴いてる人がいなかったっていうだけの話だとも思いますが」

 

NHORHMから前作『Vibrant』へ

――2020年6月には全曲オリジナル曲で構成されたピアノ・ソロ・アルバム『Vibrant』をリリースされますが、こちらの作品は2019年から計画されていたそうですね。

「そうなんです。リリースの話をしていたレコード会社が忙しくなってしまって、後回しになっちゃったんですよね。もう勘弁してと思って(笑)、自分で出すことにしました。話が進展するのを待っているだけというのはすごくしんどくて」

――『Vibrant』は全曲オリジナルなわけですけど、全曲カヴァーのNHORHMの反動もあったんですか。

「かなりありました。NHORHMのことをやっているときはアレンジに注力していたので、曲を作る方向に頭が向かなかったんですよ。構成や構造のことばかりを考えていたので、久々に作曲したいという気持ちもありました」

――オリジナルを作りたかったけど、作る時間がなかった?

「いや、作りたいとすら思っていなかったかも。頭がそちらに向かっていなかったというか。〈この曲をどう料理してやろうか〉ということしか考えていなかったので」

――NHORHMでさまざまな料理法を考案したことが、オリジナル曲を作曲するうえでヒントになった部分もありますか。

「どちらかというと、前に比べたらものすごくシンプルになりました。以前はそれこそコードが2、3しかないメタルのリフをどうやって広げていくかということばかりやっていたので。

普段のジャズのようにテーマの延長上でアドリブを入れるというのは、メタルの場合、素材が少なすぎてなかなかできないんですよ。それもあって、大幅にアレンジをするからNHORHMのレパートリーは譜面がめちゃくちゃ長かったんです。そのぶん、オリジナルを作るうえでは、32小節のジャズ・スタンダードのシンプルなフォーマットを大事にしたいと思うようになりました」

ピアノ・ソロ・アルバム『Vibrant』のトレーラー映像
 

CREOLEのマスターに捧げた“Calling”

――では、今回の『Calling』をどのような経緯で制作することになったのでしょうか。

「去年の7月、池袋のSTUDIO Dedeというレコーディングスタジオで高音質の配信ライブをやったんですね。このメンバーでは今まで2枚CDを出してるんですけど(2011年作『Music In You』、2013年作『Sympathy』)、1枚目はSTUDIO Dedeで録ったこともあって、その配信ライブは久々にこのメンバーでやったんです。やってみたらすごく楽しくて。

もう一度ライブをやりたいなと考えている時、私がずっとお世話になっていた神戸のライブ・スペース〈CREOLE〉が閉店して、そこのマスターが亡くなってしまったんですね。そのことがきっかけとなって曲を書いたりしていました。この状況でそうアクティヴに演奏活動をできていないですし、今年のうちに録っておいたほうがいいかなと思ってレコーディングすることになりました」

――では、今回のアルバムは亡くなったCREOLEのマスターに対する追悼の意識もあったのでしょうか。

「そうですね。ちょっと話が長くなってしまうかもしれないけど……」

――全然大丈夫です、話してください。

「CREOLEというお店は2003年にオープンしたんですけど、私のキャリアとずっと共にあったようなお店だったんですよ。CREOLEが開店した当初に声をかけてもらって、最初のころは全然お客さんが入らない状態でもやらせてもらっていました。(※CREOLEの開店から閉店までの思い出は、西山のnoteにも綴られている)

CREOLEのマスターはキース・ジャレットの大ファンで……というか、大ファンじゃ済まないぐらいのキース・ジャレット・マニアで。自分でもピアノを弾かれる方で、キース・ジャレットの煮凝りみたいなすごいピアノを弾いていたんです。マスターが亡くなったとき、“My Song”とか“Country”みたいなキース・ジャレット・スタイルの曲を1曲も書いてないなと思って、そういう曲を書いてみたいと思って書いたのが、今回のアルバムに入っている“Calling”という曲だったんですよ」

――マスターが好きだったキース・ジャレットみたいな曲を書こうと。西山さんならではの追悼の仕方ですね。

「そうですね。でも、私があまりキース・ジャレットをそのレヴェルまで聴き込んでいないということもあって、なかなかうまくいかなくて。苦戦したんですけど、これも私なりの音楽だなと思って」

――“Calling”、いい曲ですよね。さっき〈より曲がシンプルになってきた〉とおっしゃっていましたけど、シンプルですごく耳馴染みがいい。作曲家としての西山さんの魅力がすごく出ている感じがしました。

「ありがとうございます。キース・ジャレット・スタイルになれなかった私スタイルの曲、という感じの曲ではありますが。目指したけど、やっぱり無理でした」

――でも、そこも面白いんですよね。冒頭のメタルの話に繋げてしまうと、ある様式を目指しながら、その様式に収まらない個人的な表現が生み出された一例ともいえるわけで。

「そうなのかもしれないですね。至らなかったことが何かを生み出すこともあるわけで」

――アルバム・タイトルにもしているという意味では、西山さんにとってもこの“Calling”は思い入れの強い曲でもあるわけですね。

「そうですね」

 

先輩が〈マイルスを聴け〉と言っていた理由がようやく分かった

――今回もまたいろいろなタイプの曲が入っていますが、どちらかというとグルーヴ主体の演奏ではなく、ピアノの響きが大事にされたアルバムという印象を受けました。

「ここに入っている曲以外にあと4曲ぐらい録ってたんですけど、曲を並べてみると、どうも4ビートの曲は収まりが悪くて。1曲目の“Indication”と“Calling”をメインとしているアルバムなので、どうしてもこの2曲のトーンになっちゃうんですよね」

――ライブ活動がなかなかできないことや、自宅で演奏する機会が多いことなど、環境の変化が曲調に影響を与えてる部分はあるんでしょうか。

「どうしても戦闘的な曲調にはならないですよね。鬱々としてしまうところもありますけど、今はシンプルなものに気持ちがいってる部分はあります。ジャズにしても最新のものを聴くというよりは、古いものを聴いているほうが今は心地よいですし」

――その感覚ってどこからくるものなんでしょうか?

「私は今41歳なんですけど、ジャズをやり始めたときに年上の人たちが〈マイルス(・デイヴィス)を聴け〉と言っていた理由がようやく分かるようになってきました。〈ウィントン・ケリー最高!〉とか言ってるのは、ただの懐古趣味というわけでもなくて、音楽としての普遍的な強度を考えると、そういうものを求めてしまうんですよね。

もちろん新しいものも聴いていますし、そういうものの中にも〈これは絶対後世に残る〉と思うものもありますけど、今は強度のある作品のほうに興味がいってるんだと思います」

――それは先ほどのクラシックの話に繋がりますね。〈完成されたクラシックの曲を弾くと、自分自身が浄化されるような感覚がある〉という。

「そうかもしれませんね。バッハを弾いていると、すごく体調がいいんですよ」

――『Calling』の収録曲もそうした〈普遍的な強度〉が追い求められている感じがするんですよ。でも、それも西山さんの活動の中のひとつのモードというか、波のひとつという感覚なんでしょうね。

「そうでしょうね。今はこういう感じだけど、また変わると思いますし。そういう意味でも、NHORHMの反動というも面もあると思うんですよ。あっちは宛先のある音楽を作っていたところがあるので」

――宛先?

「そうですね。メタルの人に届く選曲であるとか、ジャズのリスナーにも楽しんでもらえるアレンジであるとか、常に宛先を意識していたところがあって。ジャズって本来エゴイスティックでパーソナルな音楽じゃないですか。お客さんに分かってもらえなくても自分のために、という。私自身、それまでそういう目線を持ったことがなかったので、NHORHMの活動では学ぶことも多くて。そんなNHORHMの活動が一回終わって、もう一度エゴイスティックにやろうと思ったとき、どうしても内側に向かってしまったんですよね。その結果、こういう作品になったというところはあると思います」

――“Indication”や“Calling”のようなしっとりとした曲調のものだけでなく、中盤以降の“loudvik”などトリオ編成ならではダイナミズムが押し出された曲も収録されています。佐藤さんと池長さんとのトリオはいかがですか。

「おふたりとも大先輩なんですけど、結構長いことお付き合いさせてもらっていて、安心感があるんですよね。それと同時に、音を出す瞬間の緊張感もある。当たり前のことなんですけど、出す音がすごくいいんです。私が思う〈いい音〉が出てくる。あと、私の場合、音色に対する考え方がみんなで一緒じゃないほうが私は好きなんですね」

――3人の個性が出た音というか。

「そうですね。私はもともとヨーロッパ盤のCDを集めるのが好きで、〈こういうトリオをやってみたい〉というイメージが頭の中にあったんですね。このトリオだったらまさにそういうことができるんです」

――最後にもう一度、メタルの話に引きずり戻したいんですが(笑)、西山さんが考えるメタル界最強のトリオは誰でしょうか?

「トリオって結構少ないですけど……パッと思い浮かぶのは、メタルじゃないですけど、ラッシュ(Rush。カナダのプログレッシヴ・ロック・バンド)。次にどういう展開になるんだろう?という楽しさがあって、パット・メセニー・グループを聴いているような感覚になるんですよ。バンドとしての世界観があって、そのうえでプレーヤー3人の個性もはっきりしているという」

――なるほどね。僕はモーターヘッドやヴェノムをイメージしてたんですけど、確かにラッシュは最高ですよね。Mikikiでも推してもらいましょう(笑)。

「そうですね(笑)」

――ちなみに、今後ライブの予定はあるんですか。

「発売ライブはね、まったく組んでいないんですよ。去年、今年とフェスの中止も2周目に入ってきて、ちょっとキャンセル疲れしちゃって。私の中では誰かが無理した状態でやりたくないっていうのもあって。

ただ、配信は月1回続けています。ずっと観てくれている方もいるようで、ありがたいですよね」

 


LIVE INFORMATION

2021年9月19日(日)福井・美浜町生涯学習センターなびあす
トリオ:西山瞳(ピアノ)、佐藤“ハチ”恭彦(ベース)、倉田大輔(ドラムス)
開演:15:30
料金:一般1,000円、高校生以下500円(税込、全席指定)
https://navi-us.jp/event/9480/

2021年9月22日(水)大阪・Mr.Kelly’s
トリオ:西山瞳(ピアノ)、萬恭隆(ベース)、清水勇博(ドラムス)
開場:18:00、開演:19:00(1st)、20:00(2nd)
前売/当日:3,800円/4,000円(税込)
https://misterkellys.co.jp/schedule2021-09/210922-2/
※有料配信有り
配信時間:20:00~50分程度(2ndステージ)
配信料金:2,000円(税込)

★各ライブに関する詳細はこちら

 

RELEASE INFORMATION

『Vibrant』各種ストリーミング・サーヴィスで配信スタートhttps://linkco.re/SDBV2BFe?lang=ja