DISC GUIDE

ディスコグラフィーと関連作で一望するベースメント・ジャックス栄光の20年!

BASEMENT JAXX 『Junto』 Part.2

★94年、クラブでの出会いをきっかけに結成。初の作品『EP1』を自主レーベルのアトランティック・ジャックスからリリース

★97年、XLと契約

◆97年、アトランティック・ジャックスのレーベル・コンピをリリース。 

VARIOUS ARTISTS Atlantic Jaxx Recordings: A Compilation Atlantic Jaxx(1997)

★97年、初来日

 

 

ロックスミスのごんぶとグルーヴを転用したビッグ・チューン“Red Alert”や、ドラマ「相棒」でもリヴァイヴァルした(?)“Rendez-Vu”といった全英TOP10ヒットや賑々しい“Bingo Bango”などの重要曲を特盛りにした初のオリジナル・アルバム。ディスコガラージ~ハウスがイキイキと展開される、楽しいアンセム集といった趣だ。

 

◆99年、MONDAY満ちるのリミックス・アルバムにて、“Cruel 2 Be Kind(Basement Jaxx Nite Dub)”をリミックス。

MONDAY満ちる PREMIUMIX ポリドール(1999)

 

 

前作に続いてゴールド・ディスクを獲得したセカンド・アルバム。ケレ・ル・ロックを迎えて歌に寄ったキャッチーな“Romeo”をはじめ、シックをベタ使いしたディスコ・ファンク“Jus 1 Kiss”など、いま聴くとまた新鮮に感じられる人もいそうな人気曲だらけで、BJ流のカーニヴァルなノリはここで完成を見ることに。大胆なサンプリングもこの時代らしい。

 

◆2001年、ミッシー・エリオット“4 My People”をリミックス。欧州を中心にBJのヴァージョンが支持を集め、ベスト盤『Respect M.E.』にも収録されることに。

MISSY ELLIOTT Respect M.E. Goldmind/Atlantic(2006)

◆2001年、ダフト・パンクの“Phoenix”をリミックス。現在は『Daft Club』とかのコンピで簡単に聴けます!

 

◆2002年、ジャスティン・ティンバーレイクのソロ・デビュー曲“Like I Love You”をリミックス。『Essential Mix』にてチェックを! 

JUSTIN TIMBERLAKE Essential Mix RCA(2002)

 

ゲストとの化学反応をテーマにして、それまで以上にソング・オリエンテッドな作風に転じた3作目。イン・シンクのJCやスージー・スーといった人選も独特だが、なかでも重要なのはディジー・ラスカルをいち早く抜擢した“Lucky Star”か。一方で、シャーリーンやリサらファミリーの面々が目立つ場面も多い。

 

◆2004年、シャズネイ・ルイスの『Open』にて“Mr. Dawg”をプロデュース。

SHAZNAY LEWIS Open London(2004)

◆2004年、JC・シャゼイの初ソロ・アルバム『Schizophrenic』にて“Shake It”をプロデュース。

JC CHASEZ Schizophrenic RCA(2004)

 

★2004年、〈フジロック〉に出演

★2005年、〈グラストンベリー〉にヘッドライナーとして出演

◆2005年、この時点での最新ヒット“Oh My Gosh”と“U Don't Know Me”を新曲として収めたシングル集をリリース。全英アルバム・チャートでNo.1を獲得! 

BASEMENT JAXX The Singles XL(2005)

◆2006年、レーベル・コンピ第2弾をリリース。シャーリーン・ヘクターのソロ曲“Holdin Me”などを収録。

VARIOUS ARTISTS Atlantic Jaxx Recordings: A Compilation Vol. 2 Atlantic Jaxx(2006)

 

◆2006年、レディ・ソヴァリンの『Public Warning!』にて“Blah Blah”をプロデュース。

LADY SOVEREIGN Public Warning! Def Jam(2006)

 ◆2006年、ロイ・エアーズの『Virgin Ubiquity Remixed』にて、“I Am Your Mind Part II”をリミックス。

ROY AYERS Virgin Ubiquity Remixed Rapster/BBE(2006)

 

シングル集のNo.1ヒットや全英アリーナ・ツアーの成功などに前後した、大物感バリバリの4作目。ゴージャスなオーケストレーションを配したヴォーカル・トラックの多彩さはラジオ状態で、リンダ・ルイスリリー・アレンの抜擢も目立つ。ロビンを迎えた“Hey U”はこの時期のBJらしくファンファーレ・チョカリーアを丸使いした逸曲だ。

 

◆2006年、フェリックスラス・ジョーンズが共同で『Gypsy Beats And Balkan Bangers Vol.1』をコンパイル。フィリックスはリミキサーとしても参加。

VARIOUS ARTISTS Gypsy Beats And Balkan Bangers Vol.1 Atlantic Jaxx(2006)

◆2007年、ワフーの『Take It Personal』にて、“I'm Your Lover”に参加。

WAHOO Take It Personal Fine Four(2007)

◆2007年、同名映画のサントラ『Vexille』に“Close Your Eyes”を提供。ヴォーカルはリンダ・ルイス!

VARIOUS ARTISTS Vexille XL/Playlouder/Beggars Japan(2007)

◆2007年、マージナル・ビーツ系のコンピ第2弾『Gypsy Beats And Balkan Bangers Too』が登場。フィリックスはリミキサーとしても参加。

VARIOUS ARTISTS Gypsy Beats And Balkan Bangers Too Atlantic Jaxx(2007)

 

◆2008年、ラス・ジョーンズ監修のクンビア・コンピに、自身のEP『Planet 2』から“Shake Up”を提供。

VARIOUS ARTISTS Arriba La Cumbia Crammed(2008)

◆2008年、シンディ・ローパーの『Bring Ya To The Brink』にて、“Rocking Chair”をプロデュース。

CYNDI LAUPER Bring Ya To The Brink Epic(2008)

◆2008年、ヨー・マジェスティの『Futuristically Speaking... Never Be Afraid』にて、“Booty Klap”をプロデュース。

YO MAJESTY Futuristically Speaking.... Never Be Afraid Domino(2008)

 

 

限定盤扱いだった『Zephyr』と対になった問題作。だが、多すぎるゲストとの贅沢な作りが各々から異形のポップネスを引き出してるから実は問題ない。パロマ・フェイスケリスアンプ・フィドラーホセ・ジェイムズらを起用したオルタナな作りに挑む一方、“Raindrops”におけるフィリックスの歌が特に印象的!

 

★2009年、〈フジロック〉に出演

◆2011年、オランダのメトロポール・オルケストとの共同名義による『Basement Jaxx vs. Metropole Orkest』がリリース。オーケストラと声楽隊が往年のBJ名曲を再演した謎のゴージャス大作に。

BASEMENT JAXX,METROPOLE ORKEST Basement Jaxx vs. Metropole Orkest Atlantic Jaxx(2011)

◆2011年、同名映画のサントラ『Attack The Block』をスティーヴン・プライスと共同で制作。本編は日本でもDVD化されています。

VARIOUS ARTISTS Attack The Block Decca(2011)

★2014年、〈フジロック〉に出演したとこ!

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop