連載

【ろっくおん!】第55回 レア音源集『1967: Sunshine Tommorow』を機に、いまこそ67年のビーチ・ボーイズを再評価!

ロック好きの大学生が集まって放課後タイムにダラダラおしゃべり!  専攻科目よりも皆さんロック史の研究に夢中なようですね!!

Page 2 / 3 1ページ目から読む

ビーチ・ボーイズの『1967: Sunshine Tommorow』と並べて聴きたい作品たち

RICCI MARTIN Beached Epic/ソニー(1977)

リイシューされたばかりの本作は、ディーン・マーティンの息子による唯一のアルバムで、ビーチ・ボーイズ好きには有名っすよね。カール・ウィルソンがプロデュースしているほか、デニス・ウィルソンやヴァン・ダイク・パークスも参加した西海岸ポップの逸品。このまったり感はマック・デマルコっぽいですぜ! *野比

 

TERRY MELCHER Terry Melcher Reprise/ワーナー(1974)

こっちもリイシューされたばかりのブツ。この人は80年代のビーチ・ボーイズ復活を影で支えた才人ですぜ。60年代には敏腕A&Rとしてバーズを世に送り出したことでも知られていやすが、もし彼が『Smiley Smile』と『Wild Honey』に関わっていたら、当時の評価は違うものになったはず。 *野比

 

STEVIE WONDER I Was Made To Love Her Motown(1967)

『Wild Honey』の聴きどころのひとつが、本作の表題曲“I Was Made To Love Her”のカヴァーでござるよ。モータウンとビートルズを合わせたようなアレンジはいま聴いても新鮮。なお、85年作『The Beach Boys』ではスティーヴィーが“I Do Love You”を提供し、演奏にも参加しているでござる! *天空

 

THE LEMON TWIGS Do Hollywood 4AD/Hostess(2016)

両親がビーチ・ボーイズ好きで、兄の名前はブライアン・ウィルソンに、弟の名前はマイク・ラヴに由来するNYの若きデュオ。予測不能の展開を見せるマジカル・ポップな本作は、『Smiley Smile』に収録された“Heroes And Villains”と“Good Vibrations”の遺伝子を受け継いでいるでござるな。 *天空

 

WILD HONEY Torres Blancas Lovemonk(2017)

ユニット名がモロなのも微笑ましい、ビーチ・ボーイズをこよなく愛するスペインのインドア・ポップ・ユニット。しかもこの最新作では、これまたビーチ・ボーイズ愛好家であるショーン・オヘイガンも招き、まさに67年の楽曲群みたいな心地良いソフト・ロック/サイケ・ポップを披露しているね! *逸見

 

関連アーティスト